無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第78話

カウコン
あなたside














おはこんにちこんばんは

ただ今カウコン始まりました







私は来年に向けてステージ下を見学中です






すっごい数の人がバタバタしております











山田「あなたちゃんじゃない?」

『山田くんや!こんばんはー』

知念「あなたちゃん俺もいるよ」

『ごめんごめん知念くんもこんばんは』

山田「出ないんだね」

『はい、ステージから落ちんといてくださいね!』

知念「あはは頑張る!」

『めっちゃ見てますから』

山田「あなたちゃんに見られると緊張するー」

『あ!もうそろそろ準備ですね!頑張ってください!」

山田&知念「はーい!」










あ!












『上田くんやないですか!』

上田「うわあ!」

『めっちゃびびっとる笑笑』

上田「マジで嫌」

『うわ、ひっど、亀梨k…』

上田「俺に言うことは?」

『頑張ってね!』

上田「おう、行ってきます」













『ジェスやん』

ジェシー「あなたやん」

『デビューおめ』

ジェシー「ありがとう」

『樹ー!デビューおめでとおおおおおおおおおおおお』

ジェシー「いや、差がすごい!」

高知「諦め?」












『さっきぶりー』

渡辺「うわあ!」

『なんか、おんなじような人さっきもいたな』

阿部「あなたちゃん、今度LINE交換しませんか?」

『よきですー!』

阿部「康二から貰っておきますね」

向井「俺は絶対あげへんからな」

『カウコン終わったr…』

向井「俺とあなたで飲む予定してたやん」

『してないっす』
























本命は…













おった






















小瀧「あなたーーーー!」

『のんちゃん、大きい声出さない!』

小瀧「だって今日あなたとゆっくり喋れてへん…」

『これ終わったらメンバーで飲むやん』

小瀧「うん…」

桐山「あなたがいないの、結構な打撃やで」

『そう言ってもらえて嬉しい』

中間「来年こそは」

『絶対8人で出ような!』

神山「あなたの分まで頑張るから…!」

重岡「それさっき俺が言うたやつ」

藤井「じゃあ、いつものやつ行きますか、












盛り上がれんのか?」














全–濵田「俺ら次第や!」











みんな気いつけてな!