無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

ラジオ
あなたside






こっちの家はのんちゃん家と近いんよー
のんちゃんと電車乗ってるなうです


小瀧「あなたがこっちに泊まること、あの人知ってんの?」

『あー、LINEしたから大丈夫やと思う。』

小瀧「そっか、」

『ま、見てなくてもテキトーに過ごすよ、どうせ短い間やし』

小瀧「なんかあったら連絡して?」

『おん、真っ先にする』

小瀧「やっぱあなたは俺のこと好きなんだなー」

『自惚れんなあほ』

小瀧「ツンデレ発動してますね、可愛い」

『ぶっ飛ばしたい』

小瀧「すみませんでした」

『許す』

小瀧「最近学校どうですか?」

『おじさんみたいわら たのしーよ』

小瀧「まだピチピチの24やわ!」

『そういえば、あっちのマンションの隣の部屋にこーじが引っ越してきた』

小瀧「なにそれ⁉︎ ずっる!あなたの部屋通い放題やん」

『お互い忙しいから』

















小瀧「あ!駅ついた!」

『行こ』









とことこ歩いてたらすぐ家に着きました
















小瀧「じゃーね、」
『うい、』





























『ただいま』

?《おかえり》