無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

撮影
あなたsaid










次は全員での撮影じゃ!







カメラマン「みんなで鍋つついて!」

重岡「なーべ!なーべ!」
桐山「はよ食べよ!」
中間「雑誌の撮影忘れんなよ」
小瀧「俺の隣流星か…」
藤井「ダメなん?」
小瀧「あなたがよかったかなって」
藤井「そんなん俺も一緒やって」
神山「濵ちゃんがいないの残念やなぁ…」
『師匠がおらんといただきますできh』
中間「いただきます」
WEST「いただきます!」


桐山「やっぱこの時期は鍋に限るッ!」
重岡「最高ー!」
『あちちッ ベロ火傷するわ笑笑」
神山「雑誌の撮影中なんやから、ベロ出さない!」
『はーい』
中間「小瀧、これ美味いで」
小瀧「あなたからもらう!!」
中間「なんっで俺が怒られなあかんねん」
「淳太、元気だしや!肉あげるわ!」
中間「おう、ありがとう」
小瀧「なかまあああああああああ!」
藤井「のんちゃん、一旦落ち着き?笑笑」




あ!





『そういえば、去年のお正月もみんなで鍋つついたよね?』
桐山「もう1年経つんか、早いなー」
中間「今年もできるかな?」
神山「できたらやりたいねー」
重岡「でも、流星は神ちゃん家出禁やん」
『そうやな笑笑』
小瀧「事件あったからな」
藤井「そっか、俺か」
桐山「自分でも忘れてる?」
全員「そうきたか!」

『笑笑』
重岡「なんかさーこーゆー時に、シェアハしてたらよかったなーって思う」
神山「確かに楽やなぁ」
中間「家でも落ち着けへんやん」
桐山「でも、流星の遅刻は減りそう…笑笑」
小瀧「確かに!」






















その後も、めっちゃ喋りました!


















カメラマン「はーい!ありがとうございました!」








何だかんだあっという間やったな













淳太にジュース買ってもらおうとしたけど、お腹いっぱいや