無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第76話

カウコン
あなたside







掃除も無事終わったし!


ステージは何してっかな












おぉ!グループごとに確認か!



















にひひひ
















『(ぎゅー)』

?「え!うわ!」

『なんちゅう声出してんねん』

向井「マジでびびったわ」

岩本「⁉︎あなたさんじゃん!」

『岩本くん!こんにちは!』

目黒「はじめまして テレビで何回も見てます」

『おぉ!ありがとうございます』

阿部「会うの初めてかな」

『うーん…少クラでお見かけしたくらいですね』

宮舘「光栄ですね」

『館様…ですよね、康二から話を聞いてます』

宮舘「そうなんですか⁉︎」

『はい…笑笑 いつも康二がお世話になってます』

向井「ちょいちょいちょい…!みんなあなたと話しすぎ!」

『ええやん、こんくらい』

向井「こんくらいちゃう!絵分も経ってる」

『3分くらいええやん』

向井「くらいってなんやねん、もう休んどき」

『ラウールくんのとこ行ってるは』
向井「嫌やああああああああああああ」







ちょ、私好かれちゃってんな☆((





ま、いいや
















『ラウールくん!』

ラウ「おぉ!こんにちは!」

『そんな固くならなくていいのに』

ラウ「いえいえ!あなたちゃんは先輩! ですから」

『でも、俺そんな先輩みたいなことしてないねん』

ラウ「してますよ!それに歌上手いしダンスキレキレだしトークスキルあるし、」

『ちょ、照れるからやめて…』

ラウ「でも、本当なんですもん」

『ほな、そんな先輩からの命令です!敬語をやめましょー』

ラウ「…わかりました あなたちゃん」

『弟にしていいかな?』

ラウ「いいです」

『さいこー!』

向井「あなた!」





んえ?






向井「んもう!こっち来て!」










向井「行くで!(腕引っ張る)」

『はい!ラウールまたね!』

ラウ「はい!」
















どうしちゃったのよこーじくん