無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

カウコン後
向井side










んああああああああ…

なんか床硬いんやけど…

首も痛いし…











!!!!







あなた⁉︎





え⁉︎なんで隣におるん⁉︎

メンバーのみんなもおるし…

ジャニストもおるし…









あ、昨日…

あなたに申し訳ないことしてまったなぁ…







ってか、意味わからんくらいあなたが可愛いんですけどおおおお!

誰か説明してくれますー?





そんなことゆうてる場合ちゃう!

スマホスマホ…

あなたの写真撮ったろ









\パシャ/










うししし…

レアやん





やば、待ち受けにしたろ






















木下「ふわぁ…(あくびする)」

『 ⁉︎ 起きてたん⁉︎』

木下「んーん、今起きたとこ なんかあった?」





よかった…





『なんもないでー、そういえば部屋の片付けやっとくなー?』

木下「いいよいいよ、お客様は休んどき?」

『いやいや、俺らが押しかけてまったんやし…』

木下「私は楽しかったけどね、(ニコッ)」








きゅん…









『ジャニストさんは今日仕事あるん?』

木下「あー、誰もなかった気がする」

『ほんまにごめん』

木下「なにがよぉ、謝らんといてー」




『そういえば、オフの時は自分のこと俺って言わんくなったね』

木下「そうそう、アドバイスしてくれて」







誰なんやろ…










阿部「んー、おはようございます あ!俺らが片付けますから!」

『いいのいいの、任せて?』

岩本「あ!そうだった!」

小瀧「一瞬何事かと思ったわ」

深澤「ゴミは俺らが持ち帰ります!」











結局あなたに任せちゃいました笑笑
















おまけ☆











帰り際






岩本「ありがとうございました!」

深澤「お邪魔しました!」

阿部「本当に何から何まで…!」

木下「いーのよいーのよ」

佐久間「いい体験が出来ました!」

木下「なんもしてへんけどな」

重岡「岩本ー、また飲もうな!」

岩本「ぜひ!」

濵田「みんな頑張ってなー?」

SnowMan「はい!」

神山「応援しとるで!」

SnowMan「ありがとうございます!」






渡辺「あのー…」

『どした?』

渡辺「あなたさん、LINE交換しません…?」




⁉︎




待って!









木下「ええよー!」

渡辺「やった!ありがとうございます!」

阿部「なら、俺も欲しいです!」

深澤「俺もなんだけど」

目黒「俺も欲しいっす」





嫌や…






木下「いいよ!」

阿部「今じゃ、大変なんで、後で康二か渡辺にもらいますね!」

木下「あー、そっちの方がありがたいかも」

岩本「俺もしげからもらっていいっすか?」

木下「おっけー!」

岩本「ありがとうございます!」








んーーーーーー!








『あなたは俺のー!』

WEST–木下「俺らのや!」