無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第83話

ドッキリGP
木下side








やっほー



今、テレビ局の中でーす











\ドサッ…/










え⁉︎












人が倒れとる…!










『大丈夫ですか⁉︎』

女の人「大丈夫です…!」








めっちゃ荷物持っとるやん










『これ運ぶん手伝います!』

女の人「いや、大丈夫です」

『こんな量…女の人1人じゃ大変ですって』

女の人「でも、私の仕事なんで…」

『ほな、私があなたと一緒に運びたいって言ったら…?』

女の人「あなたさん、仕事は…?」

『まだまだ時間あんねん』

女の人「ありがとうございます…!」







こんなこと、滅多にないな…













女の人「ありがとうございました!」

『いえいえ!こちらこそ!』








さーて、スタジオに…










『ゔわあああああ!』







床に穴空いとる…?







いや、これトリックアート?






『誰よ、てか、こんな絵床に置いといたらパニックになるやん』







壁に立てかけとこ










ふんふふんふーん ♪





なんか今日は珍しい日やな!







あった!ここが楽屋か!







『しつれーしまーす』



おぉ!お菓子いっぱいあるやん!



タピオカ?



ケーキも!





ここは天国か?







ケーキは早よ食べなあかんな





『いっただっきm…』




ぼふ!







『はい?』





ケーキ破裂した笑笑




てか、危機一髪で避けれたんやけど笑笑










\ガチャ/





え?こんな状態で入ってこんといてよ笑笑








スタッフ「あなたさーん、」

『んぇ?』

スタッフ「ドッキリでーす」

『はい?』

スタッフ「ドッキリGPの…」

『えぇ〜!真かっ?』

スタッフ「はい、今から来てください」

『どこに?』








ちょっと待っtr!どこ行くん?