無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

少クラ
あなたsaid







今日は少クラの撮影です


流星と神ちゃんは I go the from
俺はソロ曲を歌います!


『一応練習はしたけど…』
神山「大丈夫やって!」
藤井「あなたやしな」
『ぐぬぬ…』
神山「それにしてもさ、めっちゃ久しぶりよな」
『ね!もう昔話もやらないし』
藤井「あれはあれで楽しかったよな」
『放送事故のギリ手前多かったけどな笑笑』
藤井「俺は全然やったけど」
神山「ふぇ?」
『流星、目ぇ閉じて心に問いかけてみ?』
神山「思い当たることあったと思うで」
藤井「ありませぇん!」
『うっし!今日も頑張ろおお!』
神山「うん?そうだねええ!」





〈到着〉


『うぉー!久々やね!』
藤井「どのくらいぶり?」
神山「最後に踊ったんはプリンシパルやっけ」
『うーん…覚えとらんけど、そんくらいやんな』
藤井「今日も頑張ろうやぁ!」
『うん、流星くんいつも頑張ってほしいなぁ!』
神山「いや、流星はいつも頑張ってるで…」





ほんまに懐かしいな…
本番になるとここの廊下がトラックになんねん!
みんな、「急げー」って言ってな、走るからやねんけど




スタッフ「ジャニーズWESTの方ですね!」
全員「はい!」
スタッフ「ついてきててください」
全員「はーい!」
スタッフ「こちらでーす!」
全員「ありがとうございます」




『まって!ゲストの楽屋ってこんなに広くて綺麗なん?』
藤井「な!くつろげるわー」
神山「2人とも失礼やで…」
『ほな、俺Jr.荒らしに行ってくる!』
神山「俺も行きたい!」
藤井「俺はここで寝る」





そうと決まればはよ行こ!