無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

はまちゃん⁉︎
あなたside












みんなで一緒に四季総合病院へ来ました!













マネに怒られるかな?














うひひひ












まあまあ、ジャニストの団結力を見せてやろうじゃないの!








『はまちゃんのお部屋って何号室やろ』

中間「受付の人に聞いたら教えてくれるんちゃう?」

桐山「とりま行ってみよーや!」





ウィーン






桐山「あのーすみません…濵田崇裕の病室はどこですか」



看護師「えーっと…少々お待ちください」




神山「行けそうやな!」

中間「そうみたいやな、 重岡騒ぐなよ?」

重岡「そんなん分かっとるわ!」





看護師「濵田崇裕さんですね? ○○○号室になります」

桐山「ありがとうございます」



小瀧「はよ行こ!」

『あんまり焦らない笑笑』

神山 「どっちが最年少か分からん笑笑」





















やっと着いたで☆










はまちゃん’s room




















中間「入るで?」


















なんか、無駄に緊張する笑笑















コンコン

















中間「失礼します」







































































濵田「おぉ!みんなやん!」














































小瀧「はまじゃんんんんんんんんんんん泣」

中間「おい小瀧!ここ病院!」

マネ「ん?幻覚を見てるんかな? お前ら来るなって言うたよな?」

『ごめんなさいてへぺろ』

桐山「はまちゃん、足どうなん?」




濵田「あー…」











濵田「2ヶ月安静にしてろってさ笑笑」







重岡「あー、よかったー…」

桐山「2ヶ月でよかったよぉ泣」

中間「ほんまにな。」

神山「めっちゃ心配だったわ」

『しかも今の間、何? 怖かったわ』

濵田「ごめんなぁ」

神山「はまちゃんって時々怖いよなぁ笑笑」

濵田「どーゆう意味や!」

中間「なんかはまちゃんらしいけどな」























ほんまによかった



治る怪我で



これからはカッコいい濵ちゃんに
みんなを安心させられる濵ちゃんをプラスしてね!















































小瀧「ぴぎゃああああああああああああ泣」
桐山「濵ちゃん…うっ…もうっ…心配かけんといてや…泣」




マネ「ほら、うるさくなるやん…!」






















泣いてる大人2人と怒ってる大人1人はちょっとの時間スルーしておきましょ