無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

木下!ピンチだよ!
小瀧side









『あなた…!』




ねぇ!なんで目開けへんの?



はよ、「ドッキリでしたー!」っていつもの笑顔で言うてや!




藤井「のんちゃん、あなたは⁉︎」


あ、追いかけてきてくれたんや…



桐山「のんちゃんどうした⁉︎……ってあなた⁉︎」

中間「どうした…? ⁉︎」

神山「救急車呼ぶな!」

中間「頼んだで」

重岡「あなた!」

『しげ!あなたを下手に揺らしたらあかん』






こーゆー時は…







『まず脈を図る』

桐山「なんか俺らにできることは⁉︎」

『一応AED持ってきて』






脈はある…





神山「救急車すぐ来るって!」

藤井「俺、滝沢くんに言ってくる!」














なんやかんやでやっとったらあっという間に救急車が来た






『おねがいします!』

救急隊員「どなたか付き添いの方はいますか?」

中間「だれg…」

『俺行きます!』

救急隊員「それではこちらへ…」




『行ってきます』

桐山「すぐ俺らも向かうから後で場所教えて!」

藤井「あなたのことは頼んだ!」

中間「小瀧がしっかりせんとだめやからな!」

神山「あなたに待っててって言っといて!」

重岡「あなた頑張れよ…!」











病院は見つかり、あなたは緊急治療室へ運ばれた