無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

撮影
あなたsaid















うっし!2件目も頑張りましょー!














マネ「着いたぞー」




重岡「あなた起きてや!」


『んぇ?』


小瀧「おはよ」
『あぁ、おはよう』


神山「流星?着いたで!」
藤井「うーん…はい」


中間「はよ降りよ」
全員−中間「はーい」











全員「よろしくお願いします」
スタッフ「よろしくー」
中間「今日はどんな感じですか?」
スタッフ「外でわちゃわちゃしてもらって、終わりです!」
中間「了解です!」
スタッフ「メーク室あちらです」
全員「はーい!」









今回の衣装はあったかい♡



次はメークや!











お?のんちゃんではないか!





『のんちゃん、』
小瀧「あ!あなたやん!衣装かわええ!似合っとる!」
『ほんまに?ありがとう』
小瀧「どういたしまして」

『でもなー、のんちゃんも似合っとんで』









はい!今ので落ちたやろ


ちょろいな












小瀧「嬉しいけど、あなたには敵わんよ」
『…ありがとう』





ん?なんか失敗した?










メークさんさん「ほな、メークしていきますよー」


あ!そや!メークせな!



『お願いします!』
メークさん「あれ?前よりメイクのノリいいですねー」
『え?ほんまですか?』
メークさん「はい! 疲れが取れたんかな?」
『さっき寝たからやと思います!』
メークさん「そっか、あなたさん、高校生ですもんね、 お疲れですよね」
『意外と、慣れれば平気なもんですよ』
メークさん「そんなもんですかねー」





ガチャ








みんな来たわ











中間「あなたとのんちゃん早いな」
重岡「ほんまやー」
桐山「化粧の速さはのんちゃんに勝てるけどな!」
重岡「あなたには勝てへんって嘆いてたで!」
桐山「やって、あなた速いやん」
『まあまあ… メーク薄いからな』
桐山「ちょっと待って…! イラってきたわ」
『笑笑 ごめんごめん』
神山「はよせな、メークさん待っとる!」
桐山「はーい急ぎまーす!」











なんか、はよ帰りたなってきた










メークさん「できました!」
『うぉ!もうですか⁉︎ ありがとうございます』
メークさん「いーえ、頑張ってください!」
『ありがとうございました!』













先に写真撮るとこ行こ!















うわぁ 寒ッ!






スタッフさんバタバタしとるなぁ…





あの人、大変そう!

















『手伝いましょうか?』
スタッフさん「あ!大丈夫です!木下さんは中でゆっくりしてください」
『今、暇なんすよ 運動の代わりに手伝わせてくれませんか?』
スタッフさん「いいんですか? それなら、あそこにある照明をあの角においてください」
『了解です』










意外と様になってね?






スタッフさん「撮影に入りまーす」
全員−木下「はーい」
神山「あれ?あなたは?」
『ごめんごめんちょっと手伝ってて』
神山「そうなん? 髪、崩れでへん?」
『おん!平気やった』
神山「よかった撮影行こうや!」
『おん!』

















外で羽根つきとかして遊びました!




楽しかったーーーー!


















スタッフさん「これで終了です!」
全員「ありがとうございました!」












今日は喋りまくり、遊びまくりの1日やったな!
ほんまに楽しかったわー












でも…





















































明日の4時から生放送のベストアーティストに出るんです!



やばいぞ!ジャニスト!










まいどまいどすみません!作者です!


ほんとは、ベストアーティストの話をベストアーティストの日に間に合わせたかったのですが、テストにより載せられませんでした…
ほんとにすみません