無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

「恋するチャンスはありますか?」
155
2018/12/26 10:44
.








初日そうそう呼び出しを食らう私ってなんなんだろうか。




「……えっと、何でしょう」


愛未
『なんで私まで、』






取り巻き1(多分先輩)
『昨日山吹くん達に絡んでたでしょ?』




山吹亜嵐[高校三年]
スポーツ以外優秀
有名な山吹財閥
優しいが実はSなところがある。
そこが女子ウケがいいらしい


古賀大智[高校三年]
みんなの癒し
ポンコツであるが割としっかりしてる
ダンスが得意である


鈴木風斗[高校二年]
彫刻のようなイケメン
ボーッとしてることが多いが根はしっかりしている
寝るのがなにより好き


相良友也[高校二年]
スポーツ万能
しかし勉強面はボロボロ
言動から幼稚だが芯の通った男


松村光輝[高校一年]
甘えん坊で寂しがり屋
女癖がひどいがそれも寂しいから
成績もスポーツもそこそこ優秀
だが、体力はずば抜けてなし




この5人が噂の人達だという


「…すみません、前を向いてなくて走ってて、」



取り巻き2(多分先輩)
『そういうことならすぐに言えよ』


取り巻き3
『ふ、もういいじゃん、次関わろうと思うならファンクラブ入れよ?』





.