無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4
次の日ʕ๑•ω•ฅʔ✧{ぉはょッ💖お兄ちゃん
ディア・クロウリー
おはようございます。クリスタルさん(。◠‿◠。)
ってもうこんなに綺麗になってる?!
凄いですね〜
○○・エルストナ
○○・エルストナ
ありがとうございます。あの、この子
グリム
フナァ〜何するんだぞ!
ディア・クロウリー
なんですか、この魔獣
○○・エルストナ
○○・エルストナ
いきなりでてきました。しかも、お化けと共に
ディア・クロウリー
そうなんですね。う〜ん
お化けについてはふれなんですね?
○○・エルストナ
○○・エルストナ
置いてあげてください!私が責任を持って育て躾ます!
グリム
俺様はペットじゃないぞ〜!
ディア・クロウリー
いいでしょう!魔獣も手伝って貰います。
そして、これをあなたに。これは、服とマジカルペンです。
○○・エルストナ
○○・エルストナ
ありがとうございます。
グリム
ふなぁ〜俺様抜きで話を進めるな〜!
暴れる└(:3」┌)┘))ジタバタ
○○・エルストナ
○○・エルストナ
グリム!(睨)静かに
グリム
フナッ(怖いんだぞ)|゚Д゚)))
ディア・クロウリー
(もしかしたら魔獣使いの才能があるかもしれません)あなたにはここの監督生になってもらいます。
○○・エルストナ
○○・エルストナ
監督生?
ディア・クロウリー
ここを監督して欲しいんです
○○・エルストナ
○○・エルストナ
?はい
ディア・クロウリー
ありがとうございます!では今日からよろしくお願いします。
○○・エルストナ
○○・エルストナ
わかりました
よく分からないが掃除の他監督生というものになりました。勉強出来るのは嬉しいですね。
○○・エルストナ
○○・エルストナ
さぁ!掃除しますか!
 スノーゴーレム
雪人間を使い掃除を始める
そしたら
エース・トラッポラ
あぁー!問題児じゃん!
○○・エルストナ
○○・エルストナ
?(・ω・ = ・ω・)
エース・トラッポラ
お前だよ!お前しかいないから!
○○・エルストナ
○○・エルストナ
私?ですか?
エース・トラッポラ
そうだよ!いきなり鏡から飛び出て、しかも女の子。問題児って噂されてるぞーww
○○・エルストナ
○○・エルストナ
そうですよね。(._.)
あっ、申し遅れました。私のなm
エース・トラッポラ
知ってるからいいわ(笑)あなただろ
俺はエース・トラッポラだ!覚えとけよ!
○○・エルストナ
○○・エルストナ
はい!わかりました
グリム
おい💢あなた!こいつムカつくんだぞ!
エース・トラッポラ
うわ!たぬきじゃんw
グリム
ふぅーなぁー!!たぬきじゃないぞ〜ぐぬぬ もう怒ったんだぞ!
ぼぉぼぉ〜
グリムが炎を出す
エース・トラッポラ
うわ!あっぶな!
○○・エルストナ
○○・エルストナ
ちょ、ちょと!
銅像に焼き跡がつく
エース・トラッポラ
あ"ぁー!(やっば!しかも、ハートの女王じゃん。やばいやばい😱)
リドル・ローズハート
今、何をしたんだい。
エース・トラッポラ
寮長!あの、これは
○○・エルストナ
○○・エルストナ
アチャ〜
リドル・ローズハート
オフ・イズ・ユア・ヘッド!!
エース・トラッポラ
わ!!
グリム
ふなっ!!
○○・エルストナ
○○・エルストナ
はぁ全く(´~`)
         ヒゥゴォーー氷で消火する
リドル・ローズハート
あなたありがとう
○○・エルストナ
○○・エルストナ
いぇ(´ー`*)(*´ー`)いぇ、止められなくてすみません
色々あった
______________________________________________
リドル・ローズハート
さて君たちをどう処分しようかな
当然の結果ね。でも、グリムに関しては私にも責任があるわ、
エース・トラッポラ
すいません寮長こいつがいきなりやって来て
グリム
ふなっ!お前があおったんだぞ!
リドル・ローズハート
言い訳無用だよ。罰としてハーツラビュル寮の窓拭きを命じる
ツイステの人
はい…
______________________________________________
はい!😊ということでいかがでしたか?
長めに書いて見たのですが。これが普通?前のが短いのか、まぁとにかく
毎日投稿頑張ります!
あと、夢主ちゃんの絵?みたいなの作りました
ももいろね式 美少女メーカーを使いました。
イメージと違うと思う方がいらっしゃると思いますが許してください