無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

9
○○・エルストナ
○○・エルストナ
グリム、これ。
グリム
?……。!!こ、これ高級ツナ缶なんだぞ?!い、いいのか?
○○・エルストナ
○○・エルストナ
うん!いいよ!
グリム
やった〜!!
でも、なんで買えたんだ?
○○・エルストナ
○○・エルストナ
氷を使ってアート作品を作ったの、そしたらそれを気に入った方が、10万マイルで買い取ってくれたのよ!!グリム今日誕生日だから、プレゼントで買ってあげたの。(誕生日ということにしてください)
グリム
そうだった( ゚д゚)
10缶のこして5缶食べるんだぞ!
○○・エルストナ
○○・エルストナ
楽しみに取っておくのね?
わかったわ( *ˊᵕˋ)
ツイステの人
グリム〜!誕生日おめでとう!
本当の誕生日じゃないです。
グリム
.。.:*・'(*°∇°*)'・*:.。.ありがとうなんだぞ!
○○・エルストナ
○○・エルストナ
みんな来てくれてありがとう!
_______________________________________________
みんなで どんちゃん したとさ
チャンチャン
気分なので気にしないでください。
グリムの誕生日は架空です。