無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

5 窓拭き
エース・トラッポラ
ったくよー
なんで俺までやんなきゃいけないんだよ。
○○・エルストナ
○○・エルストナ
文句言わなで、手を動かしてください。
ほら、グリムも!
グリム
もう、飽きたんだぞ〜
(よし逃げるぞ!)ε=┏(・ω・)┛
エース・トラッポラ
あ"っ!ずっる!
○○・エルストナ
○○・エルストナ
(´Д`)ハァ…
             魔法を使う
グリム
=͟͟͞͞=͟͟͞͞三❆)'дº);,':ふぁ"っ
エース・トラッポラ
(こんなのやってられっかての!そうだ!いまのうちに)
エースが逃げる
○○・エルストナ
○○・エルストナ
(゜Д゜)アッ!?   もう!
________________________________________________
エース・トラッポラ
(よっしゃ!上手く逃げきれたぜ)
○○・エルストナ
○○・エルストナ
ま〜て〜!フッ!
エース・トラッポラ
うわ!
足が氷で固まる。
すると
デゥース・スペード
わ!
○○・エルストナ
○○・エルストナ
あっ!ごめんなさい!大丈夫ですか?
デゥース・スペード
あぁ大丈夫だ。えっと…
○○・エルストナ
○○・エルストナ
はじめましてあなた・クリスタルです。
よろしくお願いします。
デゥース・スペード
あぁ、あなただな。よろしく
俺はデゥース・スペードだ。デゥースでいい
エース・トラッポラ
おい💢お前ら俺に謝るのが先だろ!
デゥース・スペード
そっちからぶつかったんじゃないか。
君が、謝るべきだろ
エース・トラッポラ
うるせーえっと…
デゥース・スペード
デゥースだ。デゥース・スペード。同級生の名前くらい覚えておけ、えっと…
エース・トラッポラ
お前だって覚えてねーじゃん!エース・
トラッポラだ
○○・エルストナ
○○・エルストナ
ふふふ(*´v`)
ほら、窓拭きに戻りましょう。
デゥース・スペード
窓拭き?
○○・エルストナ
○○・エルストナ
えぇ。ハートの女王の像に焼き跡をつけた罰なんです。でも、エースくんが逃げたので追ってたらデゥースくんに出会い、今に至ります。それとグリムが逃げました(⌒▽⌒)
エース・トラッポラ
なんで追わねぇんだよ(°ㅂ°💢)
○○・エルストナ
○○・エルストナ
さぁ?なんででしょう?ほら、行きますよー
デゥース・スペード
俺も手伝おう!
○○・エルストナ
○○・エルストナ
いいんですか?ありがとうございます。(^^)(即答