無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

2
7
2020/11/14 12:12
   




「おはよう」









そう言っても帰ってこない返事











少し前ならまだ眠そうな彼が










『おはよう』









って返してくれたっけ











寝室にはまだ彼の荷物が残ってる












「懐かしいなぁ。」











まだ微かに彼の匂いが残ってる













タバコの匂いと微かに残るあのバニラの香り













女癖が悪かったけど












それも許しちゃってた










そのくらい彼が好きだった












もう今更わたしの元には戻ってこないんだよね














だってあなたは


















































"死んだも同然なんだから"