無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

32
そんな会話がされていた時、私はジョアンと
話していた
ワタシ
ワタシ
ジョアン トイレ
終わったら
話ある
ジョアン
ジョアン
まあ、わかっとったわ
私はトイレの前で待ち構えていた
ワタシ
ワタシ
はい、ジョアンさん
来てくださいね
ジョアン
ジョアン
本当にあなたには
隠し事できへんわ
ワタシ
ワタシ
ねぇ、ウヌ好きなんだよね?
ジョアン
ジョアン
はい
ワタシ
ワタシ
いつからですか?
ジョアン
ジョアン
なんでそんな口調やねん
ジョアン
ジョアン
多分最近、でも
気が付いたのは
さっき
ワタシ
ワタシ
そうなんだっ
なら許す
ジョアン
ジョアン
なんやねん
ワタシ
ワタシ
だって隠し事だと
思ったんだもん
悲しくて
ジョアン
ジョアン
あなたやぁ
ジョアン
ジョアン
惚れてまうやろー
ワタシ
ワタシ
ㅋㅋㅋ
ワタシ
ワタシ
さぁ、戻ろうか
NEXT⇒