無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

51
キムテヒョン
キムテヒョン
俺人見知りって
言ったじゃん
ワタシ
ワタシ
でも、確かに
ジョアンも無口 
だって言ってました
キムテヒョン
キムテヒョン
ん、リサにも
驚かれた
キムテヒョン
キムテヒョン
自分でも驚いてるよ
いつも受け身だったから
ワタシ
ワタシ
そうなんですね
キムテヒョン
キムテヒョン
俺だって
結構あなたに
振り回されてるよ
ワタシ
ワタシ
知らなかった
ごめんね
오빠
キムテヒョン
キムテヒョン
ほら、そんな風に
急に오빠って呼ぶし
タメ口になる……
ワタシ
ワタシ
오빠……可愛い…
キムテヒョン
キムテヒョン
もう 無理
ワタシ
ワタシ
えっ?
外なのに…っ  ギュッってしちゃうんだから
キムテヒョン
キムテヒョン
あなた
反則 
ワタシ
ワタシ
凄っい
良い匂いします
キムテヒョン
キムテヒョン
あ、香水
ワタシ
ワタシ
うわ~大人ですね
ワタシ
ワタシ
甘過ぎなくて
良い香りです
キムテヒョン
キムテヒョン
ありがと
NEXT⇒