無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第141話

139
ジョンハン
ジョンハン
どうしたの?
あなた
ワタシ
ワタシ
あれからだいぶ
ゴタゴタ
ありまして
ジョンハン
ジョンハン
うん
違う階の休憩室に移動して あの日から今日までの出来事を話した
ジョンハン
ジョンハン
なかなかの
展開だな
ワタシ
ワタシ
すみません
ジョンハン
ジョンハン
やっぱりあなた
にはテヒョン
なんじゃない?
キムテヒョン
キムテヒョン
はぁ その通りだよ
ワタシ
ワタシ
あ、
キムテヒョン
キムテヒョン
やっと見つけた
ジョンハン
ジョンハン
見つかった
キムテヒョン
キムテヒョン
あなた逃げんなよ
ワタシ
ワタシ
すみません
ジョンハン
ジョンハン
良かったねあなた
ワタシ
ワタシ
良くないよ
ワタシ
ワタシ
でもハニにお礼言えてなかった
今までありがとうね
ジョンハン
ジョンハン
別に俺も良い思いしてるし
ワタシ
ワタシ
ちょっと
キムテヒョン
キムテヒョン
お前……でもありがとな
ジョンハン
ジョンハン
何これ?俺めっちゃ良い奴
ワタシ
ワタシ
うん、
ワタシ
ワタシ
あ、私ご飯食べなきゃだから
二人は?
ジョンハン
ジョンハン
俺も行く
キムテヒョン
キムテヒョン
俺は終わったから
無視されたから
追いかけて来ただけ
NEXT⇒