無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

58
私しか選択肢無かったのねㅋ まぁ飲みたかったし、いっか奢って貰お
ワタシ
ワタシ
ジミンお待たせ
ジミン
ジミン
あなた~
待ってたよ~
ワタシ
ワタシ
ジミン珍しい
なんか、あったんだね
ジミン
ジミン
流石同期~
ワタシ
ワタシ
はいはい
聞くよ
ジミン
ジミン
あなた~彼女に
振られた……
ワタシ
ワタシ
は?
ワタシ
ワタシ
ジミン彼女いたんだ
ジミン
ジミン
うん、長かったよ
4年目~
ワタシ
ワタシ
ジミンの話全然
聞いてあげて無かったんだ
ジミン
ジミン
別に上手く行ってたから
悩み無かったし
ワタシ
ワタシ
ごめんね
ジミン
ジミン
でも上手くいってると
思ってたの 俺だけ
だったみたい
ジミンは彼女との馴れ初めやらなんやら弾丸のように息する間もなく話した
NEXT⇒