無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6
それから ちょくちょく 明けランチに行った
今日のメンバーは クック  キア あなた ミンギュくん
クック(kook)
クック(kook)
珍しいメンツだね
ワタシ
ワタシ
本当だね
クック(kook)
クック(kook)
ミンギュって
あんま喋んないよな
ミンギュ
ミンギュ
そんなこと
ないけど…
ワタシ
ワタシ
クックがしゃべり
過ぎなんだわ
クック(kook)
クック(kook)
あなたひど
キア
キア
でも 本当だよ
クックはしゃべりすぎ
ワタシ
ワタシ
あ、キアも
クック…
キア
キア
だめだった?
ワタシ
ワタシ
いや、あだ名だから
駄目とか無いでしょ
クック(kook)
クック(kook)
…おぅ///
ワタシ
ワタシ
あれ~?ㅎㅎㅎ
クック(kook)
クック(kook)
な、なんだよ
ワタシ
ワタシ
クックとキア 
なんか変
キア
キア
///
ワタシ
ワタシ
なんだ なるほどね
私ら邪魔者じゃんね
ミンギュくん
ミンギュ
ミンギュ
えっ?
あ、そう言うこと
クック(kook)
クック(kook)
なっ///なんだよ
NEXT⇒