無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第140話

138
意外な話ばかりのロッカールーム キアが幸せ


なら良いけどね

夕方のご飯休憩で運悪くテヒョン오빠が食堂に


いて しかもリサ언니とジェジン先輩もいる


気が付かないふりして従食を後にしようとした


けど リサ언니が
リサ先輩
リサ先輩
あなた~久しぶり
なかなか会わないね~
なんて能天気に話かけてくるし
キムテヒョン
キムテヒョン
何逃げようとしてんの?
ワタシ
ワタシ
いや、邪魔しては悪いと
思いましたので
イジェジン
イジェジン
なるほど
ワタシ
ワタシ
私、ロッカーに
荷物取りに行くので
と、目の前からハニが なんて日だ
ジョンハン
ジョンハン
あ、あなたじゃん
ワタシ
ワタシ
ハニちょっと一緒に来て
ジョンハン
ジョンハン
あ、うん
NEXT⇒