無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第113話

111
ワタシ
ワタシ
また騙すの?
キムテヒョン
キムテヒョン
違うよ おでこの
替えて
ワタシ
ワタシ
あ、そっか
ごめんね
ワタシ
ワタシ
はい完了
ガシッ 手を掴まれてる 熱あるのに強い
ワタシ
ワタシ
離して貰えない?
キムテヒョン
キムテヒョン
無理
ワタシ
ワタシ
오빠ずるいよ
キムテヒョン
キムテヒョン
あなたごめんね
ワタシ
ワタシ
なに言っても無駄だよ
キムテヒョン
キムテヒョン
あなた俺はあなた
しか愛せないよ
ワタシ
ワタシ
ずるいな오빠
キムテヒョン
キムテヒョン
愛してるよあなた
キムテヒョン
キムテヒョン
キスしてよ
ワタシ
ワタシ
するわけないし
キムテヒョン
キムテヒョン
さっきしてくれたよ
ワタシ
ワタシ
あれは薬を飲ませる為だよ
キムテヒョン
キムテヒョン
じゃあ水飲ませて
ワタシ
ワタシ
起きてるんだから
自分で飲めるでしょ?
キムテヒョン
キムテヒョン
あなた~
ワタシ
ワタシ
いい加減離して
キムテヒョン
キムテヒョン
離したら
キスしてくれる?
ワタシ
ワタシ
しません
NEXT⇒