無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

33
ウヌside

皆がいない間に俺はテヒョン先輩に意外な事をお願いされた 
リサ先輩
リサ先輩
ただいま
ワタシ
ワタシ
すみません
お待たせしました
ジョアン
ジョアン
すみません
遅くなりました
キムテヒョン
キムテヒョン
大丈夫だよ
キムテヒョン
キムテヒョン
リサ、帰りどうすれば
良い?
リサ先輩
リサ先輩
私は会社近くで
良いんだけど
ジョアン
ジョアン
うちも今は
都会人なんで
会社近くで
ワタシ
ワタシ
ねぇ田舎ものを
ディスッて
いませんか?
チャウヌ
チャウヌ
あなたは俺んちと
近いから最後で
良いよな?
ワタシ
ワタシ
うん、もちろん
キムテヒョン
キムテヒョン
じゃあ、そう言う
事で会社に向かうよ
メンバー
はーい
リサ先輩
リサ先輩
あなたちゃん
なんか楽しそう
ワタシ
ワタシ
あ、良いこと
あったんです
ジョアン
ジョアン
あなたやぁ
ワタシ
ワタシ
ㅋㅋㅋ
NEXT⇒