無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

52.
なんか距離が縮まったかも…
キムテヒョン
キムテヒョン
今日は何時まで
大丈夫?
ワタシ
ワタシ
別に用事は無いですけど
キムテヒョン
キムテヒョン
あ、嘘ついたんだ
キムテヒョン
キムテヒョン
暇じゃないって
言ってたのに
ワタシ
ワタシ
だって…誘われそうだったから
先手を打ったんですよ
キムテヒョン
キムテヒョン
じゃあ夜ご飯まで
良いかな?
ワタシ
ワタシ
はい
キムテヒョン
キムテヒョン
良かった
ワタシ
ワタシ
断られても
連れてくくせに
ㅎㅎㅎ
キムテヒョン
キムテヒョン
だから、それが
本来の俺じゃ
無いんだって
ワタシ
ワタシ
もう、わかったよ
キムテヒョン
キムテヒョン
あなたいつの間にか
タメ口
ワタシ
ワタシ
あ、ごめんなさい
キムテヒョン
キムテヒョン
あ、違うよ
嬉しい いいよ
タメで
ワタシ
ワタシ
そんなつもり
無かったんですけど
キムテヒョン
キムテヒョン
だから良いってば
ワタシ
ワタシ
うん
NEXT⇒