無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第137話

135
ワタシ
ワタシ
ところでクックは
どうしたの?
クック(kook)
クック(kook)
お前の顔見に来たんだよ
ワタシ
ワタシ
あ、
クック(kook)
クック(kook)
あ、じゃねぇよ
クック(kook)
クック(kook)
明日 ミンギュと
明けデート中止な
クック(kook)
クック(kook)
ミンギュには相談が
あるから譲ってくれって
家督するから
ワタシ
ワタシ
何でよ?
クック(kook)
クック(kook)
バカなあなたに
お説教だよ
ワタシ
ワタシ
嫌だよ
クック(kook)
クック(kook)
良いから
言うこと
聞け
ワタシ
ワタシ
クックのくせに
偉そうに
クック(kook)
クック(kook)
そう言う問題か?
ワタシ
ワタシ
ミンギュが納得
してくれるなら
良いよ
クック(kook)
クック(kook)
わかった
クック(kook)
クック(kook)
じゃあな
ワタシ
ワタシ
うん、シャワー
浴びたら仕事行くよ
ジョングクside

まさかだよ 心配で来たのにテヒョン先輩と?

あなたは何を考えてるんだよ
NEXT⇒