無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第120話

118
ミンギュ
ミンギュ
後悔してるんだ
ワタシ
ワタシ
何を?
ミンギュ
ミンギュ
先輩が居たとしても
自分の気持ち伝え
なかった事
ワタシ
ワタシ
ミンギュ…
ミンギュ
ミンギュ
あなた俺は駄目?
ワタシ
ワタシ
セフレなら
ミンギュ
ミンギュ
あなたはそんな奴
じゃないだろ
ワタシ
ワタシ
なんなの
ワタシ
ワタシ
忘れたいの
오빠を
ミンギュ
ミンギュ
でも、方法が
間違ってるよ
ワタシ
ワタシ
ミンギュ 私なんか
好きにならないでよ
ミンギュ
ミンギュ
無理だよ 研修
の頃からずっと
好きだったんだから
ワタシ
ワタシ
じゃあ、バーベキュー
の時は……
ミンギュ
ミンギュ
あのときはキツかったなぁ
ワタシ
ワタシ
あ、ウヌが酔った時
ミンギュ
ミンギュ
思い出した?
ワタシ
ワタシ
あなたに抱きつくなんて
100年早いってㅎ
ミンギュ
ミンギュ
うん、
NEXT⇒