無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第96話

94
心臓の音 テヒョン오빠に聞こえちゃう……
キムテヒョン
キムテヒョン
あなた好きだよ
ワタシ
ワタシ
ちょっ 
キムテヒョン
キムテヒョン
ちょっと
待たない
キムテヒョン
キムテヒョン
早くしないと他の
奴に奪われちゃう
ワタシ
ワタシ
そんなことないよ
キムテヒョン
キムテヒョン
あるよ、俺めっちゃ
焦ってるよ
取られそうで
ワタシ
ワタシ
本当そんな事
ないのに
私は오빠しか
好きじゃないよ
キムテヒョン
キムテヒョン
はぁ 俺の理性が
崩れる音聞こえた?
ワタシ
ワタシ
へっ?
오빠はそう良いながらもまるで壊れものを扱うかのように優しく抱いてくれたの 오빠が初めてなら良かったよ……
キムテヒョン
キムテヒョン
あなためっちゃ
可愛い
ワタシ
ワタシ
やめてよ
キムテヒョン
キムテヒョン
あ~あ もっと
早く出会いたかったな
NEXT⇒