無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第107話

105
タクシーの運ちゃん運んでくれてありがとう
とりあえずソファでいいや、氷枕と冷えピタか
ワタシ
ワタシ
오빠薬飲める?
ワタシ
ワタシ
はぁ無理か
仕方ないから私が口移しで水を含んで薬を飲ませた
ワタシ
ワタシ
唇暑いな
キムテヒョン
キムテヒョン
ん……
ワタシ
ワタシ
あ、起きた?
キムテヒョン
キムテヒョン
あなた夢?
ワタシ
ワタシ
もう夢じゃないし
凄い熱だから
오빠動けるなら
客間の布団に
移ってくれない?
キムテヒョン
キムテヒョン
うん
ワタシ
ワタシ
はぁ、良かった
キムテヒョン
キムテヒョン
あなた今キスした?
ワタシ
ワタシ
し、してないよ
キムテヒョン
キムテヒョン
薬飲ませてくれたの?
ワタシ
ワタシ
起きてたの?
キムテヒョン
キムテヒョン
うっすら……
もったいなかったな
ワタシ
ワタシ
変わらないね
ワタシ
ワタシ
はぁ
もう熱なんか出さないでよ
NEXT⇒