無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

. 2
  学校に着くのは割と速い方

朝の まだ誰もいない教室は 意外と落ち着くし 結構好き。


する事は 特にはない こうやって教室の窓からグラウンドを見渡して

ただぼーっと 人が来るのを見ているだけ


なんて無意義な時間なんだろうとは自分でも思うけどね 笑



始業時刻が近付くにつれ 人の流れが多くなってくる。



美 加
あなた!  おーはよっ!
あなた

みかー! おはよう!!

  友達は  まあまあいる  かな、


美加は中学の頃からの友達。

いわゆる親友かな。


先生
朝の会やるぞ〜    座れー


なんて味気のない生活なんだろう。