第10話

10
2,950
2020/04/26 11:42


「お兄ちゃんの先っぽ、濡れてる」

「ば……っ、そ、それは」

「なにこれ。ほら、ここ。ヌルヌルだよ」

「ぁ……ア」


 ヌルヌルのナニカを、チンコの先から出すお兄ちゃん。

 不思議。

 さらさらのスライムみたい。

 ゼリーよりもさらさらでヌルヌル。

 これ、おいしいのかな。


 濡れた手をズボンから一度抜いて、自分の顔の前に戻す。

 テラテラと光るわたしの指。

 お兄ちゃんのヌルヌルがついた指をペロリと舐めてみた。


 口の中に広がった味に、わたしは顔をしかめる。


「わ……、お兄ちゃんの苦い」

「おま……ばか。舐めたのか? なんで……」


プリ小説オーディオドラマ