無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

415
2021/08/01

第5話

第5話
廉side
居酒屋に来た。
隣は女子で、香水の匂いが混じってて臭い。
進むご飯も進まない。
女子社員
女子社員
廉くんってぇ…恋人とかいるぅ?♡
永瀬廉
永瀬廉
あ、いえ、今はいませんよ
馴れ馴れしく下の名前で呼ぶなや…

あーもう…気分悪い
女子社員
女子社員
じゃあ…私立候補しよっかなぁ〜?
女子社員
女子社員
え、じゃあ私も〜!
永瀬廉
永瀬廉
あはは……
俺と向かい側の席の優太をチラッ見る。
ほかの女子社員に優太も絡まれている。それに上司の人にお酒をどんどん入れられていく。

優太ってお酒呑めるんだ……
女子社員
女子社員
岸さぁん…顔赤いですけど大丈夫ですかぁ?♡
岸優太
岸優太
あ…はい……
上司
上司
ほら飲め飲め〜!
岸優太
岸優太
い、いただきます……
優太はちびちびと飲んでいく。
…飲めてるのか、あれ…

優太をじっと見ていると、優太もこちらに気づき、目が合った。でもすぐに目をそらされてしまった。
岸優太
岸優太
すいません…ちょっと…
と、優太は席をたち、トイレへ向かった。
永瀬廉
永瀬廉
すいません、俺も〜
優太を追いかけるように、トイレへ向かった。