無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
420
2021/07/29

第1話

第1話
岸side



恋なんてもうしたくない。

あんな思いするぐらいなら…初めから恋なんてしなきゃよかった。

今でも夢に見る。
自分の性格のせいで、大好きだった人を傷つけてしまった。、あのときの顔。

こんな自分、本当に嫌になる。
岸優太
岸優太
……はぁ…
電車に揺られながらため息をつく。
仕事は順調。ひっそりと暮らすことができていると思う。

目立ちたくない。一人でいたい。
ずっとそう思っている。
電車がガタッと揺れ、力を入れていなかったせいで、体が横に倒れた。
岸優太
岸優太
す、すいま…せ……
受け止めてくれた人を見ると…
永瀬廉
永瀬廉
えっ…優太…?
俺の大好きだった人がいた。数秒見つめあったあと俺は急いでその場から離れた。



なんで、なんで廉が…なんで廉がいるの…!?
違う車両に乗り、会社に着く頃には記憶から消していた。

絶対会いたくない人だったのに…