無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

456
2021/07/29

第2話

第2話
岸は出勤して、自分のディスクに座っていた。今日の予定を確認している。

すると、上司に集まれと集合をかけられた。
上司は長々と喋り始める。みんなが早く終われ、という空気を出していた。
「今日は新しく入った子を紹介する」

入れ、と上司はわざとらしく咳払いをした。

そして入ってきた人物を見て岸は隠れたくなった。というかもう隠れた。
永瀬廉
永瀬廉
おはようございます
永瀬廉
永瀬廉
永瀬廉です
永瀬廉
永瀬廉
これからよろしくお願いします
女子社員からは黄色い声が上がる。男子社員からは少し妬みの交じった視線を向けられる。

上司がここにいる人たちの紹介をし始める。
「で、最後に岸……おい、岸優太!いないのか!?」
岸優太
岸優太
はいっ!はい!すみません!
怒られるのが嫌なのでやけくそで岸は立ち上がった。
すると永瀬と目が合い、また隠れたくなった。
永瀬は岸をみて、優しく微笑んだ。

岸は心臓がキュッとなるのがわかった。
大好きだった人の笑顔。あの顔が好きだった。
永瀬廉
永瀬廉
久しぶり、優太
岸優太
岸優太
ひ、久しぶり…廉