無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

好きだから。
片思いすぐにやめたいんだ
~ペケたんside~
彼女に告げたい。
『好きです』って。
『一目惚れ』って。
…でも、そんな勇気ない。
今まで俺に彼女がいなかった訳では無い。
何回か付き合ったことはある。
けど今思うと、
俺は『告白』をしたことが無い。
付き合った人は皆向こうから告白をしてくれた。
俺だって片思いはあった。
でもそれは、
1度も思いを告げていない。
悔しい。
なんで人間ってほんとに伝えたい時に
言えないんだろう。
たった二言『好き』ってそれだけ言えばいいだけ。
それすらも出来ない俺は…弱虫だよな。
分かってる。
怖いんだって。
相手はおしゃれなカフェの店員さん。
しかも俺が一方的に彼女を知ってるだけ。
きっと彼女は俺の事なんか覚えてない。
それに、
『彼氏』がいないとは限らない。
あれだけ可愛ければ彼氏がいてもおかしくない。
もし俺が…
シルクみたいにリーダーシップに溢れていたら
マサイみたいにイケメンで負けず嫌いだったら
もっきゅんみたいに優しさで溢れていたら
ザカオみたいに好きなことに直向でいられたら


ダーマみたいに周りを笑顔に出来たら
ンダホみたいに
頑張り屋さんでみんなを笑顔にできて素直で
人のために何かできていたら
1つでもいい。
俺にもそんなところがあればどれだけ心強いか。
でも、やっぱ…。
諦めたくはない。
ンダホに取られたくない。
今はまだ勇気が出なくても
いつか絶対言う。
『好きです!』って。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごプリン
いちごプリン
フィッシャーズ【モトキ·ザカオ(結局は箱推し♡)】【非海水浴組】 BL/NLも書く 前の使えなくなりました。。。 いちごミルクのやつ フォロバ100%
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る