無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
38
2021/09/27

第3話

♔︎


階段を約45人で登る




先頭を切るのは華鬼であるあなた




そうして階段を登りきった先、黒の特攻服に身を包んだ男共




後ろから声を張り上げて言う





(なまえ)
あなた
今宵は百鬼夜行!
東卍
は?
東卍
なんだ?
東卍
百鬼夜行、、?
東卍
あ!俺聞いた事あるぞ!
東卍
なんだよそれ
東卍
確か、、女が何人か来てそのチームは必ず潰される、、、的な、、?
東卍
オイオイヤバくねーか?



反応は様々。ここの総長はまだいない、、?





(なまえ)
あなた
今日ここ、原宿に出向いたのは三鬼の中の華鬼である!!
東卍
華鬼、、、?
東卍
オマエ無知だな!
東卍
あ!?じゃあ説明しろよ!
東卍
だーかーらーそのグループには三鬼様っつーのがいて
東卍
賢鬼、麗鬼、華鬼がいるんだとよー
東卍
どれが1番強いんだ?
東卍
んーー賢鬼じゃね?
(なまえ)
あなた
オマエ、賢鬼様が強いのは確かだが。
麗鬼様も劣っていないからな、、?
百鬼鬼
華鬼様っっ、、!
(なまえ)
あなた
どうした?
百鬼鬼
東京卍會総長と副総長が下から、、!
(なまえ)
あなた
チッまだ来てなかったのかよ
百鬼鬼
素、、素が出てますっっ!
(なまえ)
あなた
あ、ごめんなさい
(なまえ)
あなた
じゃあ百鬼鬼の子たちは1回はけて
あたしが話をつける
百鬼鬼
わかりましたっ!






1番上で総長を待ち構える女




女の2段下で止まる男2人



(なまえ)
あなた
初めまして、総長さん
今宵は百鬼夜行の日です




next