無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
223
2021/02/16

第1話

ゆり組のプロポーズ☆
ゆり組のプロポーズはしょっぴーが恥ずかしい勝手しまうだろうと読んだ舘様が家でプロポーズ。そして食卓には舘様の愛情のこもったローストビーフがのっている。そしてデザートにはティラミスを作ってあげていて、その日はいつもと変わらずに普通に食事をとっていてダテ様が「翔太、口についてるよ(イケボ)」とか言って口もとをぬぐったりするんだけどしょっぴーは恥ずかしがって「ありがとっ!」みたいに照れて言って。んでデザートの時にダテ様が「翔太。結婚しよっか」って言って指輪出してしょっぴーは「……はい‼︎」って号泣しながら目を擦っちゃってダテ様が身を乗り出して「こら。そんなに目擦ったら腫れちゃうよ。」って諭すように言って瞼にキスした後に「ほら、デザート食べよ?」とか言って椅子に座ったらしょっぴーが椅子から立ってダテ様に「涼太大好き」って言って抱きつく。そこからダテ様が「そんなに可愛いことしないで。止められなくなっちゃうよ…」とか言って「止めないで。俺のこと…ぐしゃぐしゃにして?(コテン)」って顔真っ赤にしながら上目づかいしてそのまま楽しい楽しい夜が始まる。
次の日メンバーにしょっぴーが立てなくなっちゃったからダテ様が怒られちゃってしたらしょっぴーが「俺から誘ったの‼︎涼太のこと怒らないで!」って顔赤くしながら言って欲しい。