無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

捜索2
羽柴 百合
羽柴 百合
ここは収穫なし…と
最初に私が向かったのは階段の左側。
次に入ったのが最初に入った部屋の真正面。
順番的に入ったのが応接室と書斎らしい。両部屋とも新しいアイテムの入手はなく、
書斎の部屋の奥に隠し扉がある以外のことは、何もなかった。
羽柴 百合
羽柴 百合
まだ全部は見終わってないけど…二階行こう
隠し扉の謎を解くついでに別の部屋を見ればいい。

ザッとでいいので私は屋敷の作りと部屋の位置などを把握して置きたかった。

アニメやゲームでは地下や屋根裏などあるが、果たしてここにもあるのだろうか。
謎は深まるばかりだ。


羽柴 百合
羽柴 百合
お、開いた。


ギィ…と軋んだ音を立てながらドアが開く。
羽柴 百合
羽柴 百合
……わぁ…綺麗…
慎重に中に入ると
月明かりに照らされてうっすらと足が透けている男の子が立っていた。
眞佐 勇人
眞佐 勇人
…!!
羽柴 百合
羽柴 百合
あ……待って…
見られるのが嫌なのか、すぐに何処かへ行ってしまう。


その後、部屋を調べたが、目ぼしいものはなく、ただドライバーを見つけただけだった。
羽柴 百合
羽柴 百合
あれ…前に入った部屋と似てる…?
だが、花瓶に刺してある花の数や置物の向きなど小さいところが違う…
なんとなく引っかかると思っていたとき、ふと一階の書斎に
隠し扉があることを思い出した。
羽柴 百合
羽柴 百合
…あ、もしかして、鏡合わせ?
麻弥もゲーム好きだったからか、私も影響されてゲームは何度かやっていた。

おかげで直面している謎もすぐにわかった。有難い限りだ。
羽柴 百合
羽柴 百合
花の数、置物の向き、あとは…カーペットのめくれ、かな。
これで合ってる…?
だが、何も起こらない。
羽柴 百合
羽柴 百合
あれ…?
見落としている点はないかとよく探すが、見つからない。
羽柴 百合
羽柴 百合
………?
考えて続けていても無駄だと判断し、一先ず置いておこう。 
そう思った矢先、ドレッサーに私の顔が映った。
羽柴 百合
羽柴 百合
………ぁ、私だ
途端に思い浮かんだのは、自分が鏡合わせ部屋から出ること。

これ以外に思い浮かぶ案はないと思い、再度改めて
鏡合わせにして部屋から出る。



ピコン



すると、どこからともなく正解の合図を告げる音が静寂なフロアに鳴り響く。
羽柴 百合
羽柴 百合
お、合ってたみたい。よかった。
そして、多分開いたであろう一階の書斎に行く。
羽柴 百合
羽柴 百合
よし、やっぱり鍵が開いてる。
重厚感溢れるドアを慎重に開けると、そこには
今まで入ったカジュアルな部屋とは違い、モノトーンの部屋が広がっていた。