無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4
ジン
ジン
じゃあ、まず名前、聞いていい?
(なまえ)
(なまえ)
…あなたです。
ジン
ジン
あなたちゃんはどーしてあの公園にひとりでいたの?
(なまえ)
(なまえ)
お…お母さ…んからに…げて…きた…から…です。
テテ
テテ
なんでお母さんから逃げてきたの?
(なまえ)
(なまえ)
怖かったから…
グク
グク
こわかった?
(なまえ)
(なまえ)
こ…殺されそうだった…から。
BTS
BTS
え??
ユンギ
ユンギ
どういうことだ?
(なまえ)
(なまえ)
お…お母さんは、わ…私が嫌いだから…だから:(´◦ω◦`):
ジン
ジン
大丈夫?
ヨシヨシ(。´・ω・)ノ゙
ホソク
ホソク
今日はこれくらいにしといた方がいいんじゃない?
RM
RM
そうだな…
グク
グク
今日はもうねましょ!
ユンギ
ユンギ
あなたはどこでねるんだ?
テテ
テテ
はーい🙋
ぼくとねる!
テテ
テテ
ね?いいでしょ?あなたちゃん!
(なまえ)
(なまえ)
(。_。`)コク
RM
RM
ま、まぁあなたちゃんがいいなら…
テテ
テテ
おやすみなさーい!
BTS
BTS
おやすみなさい!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

つな
つな
グクよりのallぺん。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る