無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13
RM
RM
じゃああなた学校探してみよっか…。
あなた

うん

ジン
ジン
てゆーか、なむじゅん
RM
RM
はい?
ジン
ジン
途中入学させるの?
RM
RM
え?あー
RM
RM
そーなりますね。
ジン
ジン
途中からで勉強ついていけるの??
RM
RM
あー。それはそーですね。
ジン
ジン
あなた大丈夫??
あなた

どーだろ。

あなた

中学もあんまり学校行けてなかったから…ちょっとやばいかも…

ジン
ジン
どーしよっか。
ジン
ジン
今8月だから学校は来年の4月からにして、それまでに俺たちで中学の勉強おしえる?
RM
RM
いいですね!それ!
あなた

で、でも。
おっぱ達忙しいでしょ?

ジン
ジン
そんなの大丈夫だよ。
RM
RM
僕達は7人もいるんだから、交代で教えていけば全然大丈夫だよ!
あなた

ほ、ほんとに?いいの?

ジン
ジン
うん!!
あなた

ありがとう!おっぱ!

RM
RM
あ、じゃあ4月まで仕事中あなたどーしますか?
ジン
ジン
1人で留守番させる訳には行かないから、仕事連れていくか
RM
RM
あなたそれでもいい?
あなた

うん!!

ジン
ジン
夜ご飯まで時間あるし、どーしよっか。
RM
RM
ダンスの練習行きますか?
ジン
ジン
俺たち行かなきゃやばいよな…
RM
RM
ですね。
ジン
ジン
でも、あなた…
あなた

私も行きたい!

RM
RM
え?
ジン
ジン
え?
あなた

だめ?(˘•̥ω•̥˘)

ジン
ジン
い、いいよ!!
あなた

ヤタ───ヽ(〃∀〃)ノ───♪

RM
RM
💭かわいすぎる。
ジン
ジン
💭かわいすぎる。
練習場所についた。
ジン
ジン
ほそくー。じみなー。
ジミン
ジミン
あれ?ひょん、どうしたんですか?
ホソク
ホソク
学校決めるんじゃなかったんですか?
RM
RM
あー、そのことはまた後で話す
ジン
ジン
俺達、練習しなきゃやばいからㅋㅋ
ホソク
ホソク
教えますよㅋㅋ
ジン
ジン
ありがとうㅋㅋ
ジミン
ジミン
あなたもきたの?
RM
RM
うん、来たいってゆーから
ジミン
ジミン
そっかㅋㅋ
来たかったんだㅋㅋ
あなた

うん!

あなた

邪魔にならないように端っこの方にいるね?

RM
RM
ここから出ちゃダメだよー
あなた

はーい

あなたちゃんはずっと、はしでYouTubeでおっぱ達の動画みてました。
あなた

ねぇねぇおっぱー!

ジミン
ジミン
どしたのー??
あなた

みててーー

あなたちゃん、DNAのダンス完璧に踊りました。
ホソク
ホソク
え?やばい!!
RM
RM
え!すごっ!
ジン
ジン
え、あなた僕たちのダンス知ってたの??
あなた

ううん

あなた

今動画みておぼえたの!

まだ1時間くらいしかたってません。
ジミン
ジミン
この短時間で?!
あなた

うん!

ジン
ジン
すごい!!!
ホソク
ホソク
ジンヒョンよりもうまいよ!
あなた

ㅋㅋ
ありがとうㅋㅋ

ジン
ジン
あ、もうこんな時間だ!
ジン
ジン
夜ご飯作んなきゃ!
RM
RM
帰りましょーか!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

つな
つな
グクよりのallぺん。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る