無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

26
2020/04/06

第3話

2
小学校に上がるとクラスは別々になり

接点が無くなった

ゆうやのことなんて頭に無かった



4年生になって金管バンドに入部して

初めてユーフォニアムに出会って

毎日充実していたけれど、

同じパートに同学年はいなくて寂しかった




5年生になって

久しぶりの再会を果たした

そう、ゆうやが金管バンドに入部



そして同じパートになった




私はこの頃男子と話すのが苦手で

どう接していいのか分からなくて



幼稚園の時の記憶は無かったから

初めましてだよね?とか思ったりもして

オドオドしていた

すると
ゆうや
……これからよろしく
ゆうやの方から話しかけてくれた

びっくりしつつ、
なつみ
あ…うん、よろしくね
と返した


この時はまだゆうやのことを全然知らなくて

大人しいのかなって思っていた