無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

13
2020/04/30

第8話

7
6月、雨が降った日

私は音楽室で一人とある曲を吹いていた

心を込めて優しく

一番好きな曲だからこれを吹いている時は

何も考えずに居られる

落ち着ける

この曲は恋愛系で女性目線の曲

何度吹いても好き
そんな風に思って吹いていると
???
ラバースコンチェルト……
と声が聞こえた

吹くのをやめて振り返ると
なつみ
……ゆうや!?
ゆうや
お疲れ様
そこにはゆうやが立っていた