無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

いじわるご主人様とメイド


定期テストが終わって一週間がたった。


続々とテストが返される

鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
北人ー?
藤原樹
藤原樹
大丈夫か?
吉野北人
吉野北人
グスッ……もう勉強なんて嫌だよ…グスッ


北人とはほとんど赤点で夏休み中に補習が決まった。


私は……高校生になって初の赤点なし!!


小テストとかは赤点だから、、、


初めての高校の定期テスト赤点なしで良かった~


川村壱馬
川村壱馬
ねーちゃん。
中務あなた
中務あなた
壱馬。
ちょ、高等部来ちゃダメじゃん
川村壱馬
川村壱馬
先生に許可もらった。
テスト。兄ちゃんが成績教えろって


そうすると、壱馬の電話を見せられ、通話中の文字からこえがきこえてくる
中務裕太
中務裕太
あなた、テスト赤点あった!?
中務あなた
中務あなた
ないよ~
川村壱馬
川村壱馬
だってさ
中務裕太
中務裕太
ナイス!!これからも頑張れよ~。
あと仕事…


ブチッ、と音が聞こえて、鳴る音。
川村壱馬
川村壱馬
話長くなりそうだから切った
中務あなた
中務あなた
壱馬…お兄ちゃんにも容赦なしだね


そうして、壱馬の横から出てくるのはまこっちゃんと隼君
中務あなた
中務あなた
まこっちゃ~ん!!
長谷川慎
長谷川慎
あなたちゃ~ん!!
中務あなた
中務あなた
テスト何点だった?
長谷川慎
長谷川慎
ほぼ、平均ですよ
小森隼
小森隼
ちょっと!!
中務あなた
中務あなた
あ、隼君もいたんだ
小森隼
小森隼
いたよ!さっきから!
俺はあなたに用があるの!
まこっちゃんは連れでしょ!
長谷川慎
長谷川慎
ちえ~


そう言って、離れていくまこっちゃん。


ちょっとだけ、人通りの少ない場所に移動する
中務あなた
中務あなた
…で、テストはどうだったの?
小森隼
小森隼
ほら、見てよ!!


出された答案を見ると70~80点台のテストがいっぱい
中務あなた
中務あなた
お~!!凄いっ!
小森隼
小森隼
でしょ?だから…


隼君が私の腕をグイッと引っ張る。

隼君の唇がちょっとだけ耳に当たった
小森隼
小森隼
先生……ご褒美ください…?
中務あなた
中務あなた
………何がいいの
小森隼
小森隼
夏休みに1日デートがいいです!!
中務あなた
中務あなた
はぁ……分かったよ
小森隼
小森隼
やったー!あ、6時間目始まる。
中等部に戻らなきゃ。
じゃあね~


はぁ……とため息をついて、廊下に座る。

サボろうかなぁ~と思った
中務あなた
中務あなた
年下に翻弄されてるじゃん…私


そうすると聞こえる足音。

先生かなと思って一応立つ
中務あなた
中務あなた
……って玲於か
佐野玲於
佐野玲於
俺で悪かったな
中務あなた
中務あなた
いや、別に
佐野玲於
佐野玲於
テスト……何点だった
中務あなた
中務あなた
赤点なしだよ
佐野玲於
佐野玲於
そっか……
中務あなた
中務あなた
玲於は?
佐野玲於
佐野玲於
…………
中務あなた
中務あなた
玲於?玲於~~~!!
佐野玲於
佐野玲於
……ごめん。
英語、赤点とった
中務あなた
中務あなた
そっか……次、頑張ろう!
佐野玲於
佐野玲於
俺は、あなたにご褒美もらいたかった
中務あなた
中務あなた
……ごめんね。
佐野玲於
佐野玲於
別に




玲於が落ち込んでいて、



私も何故か悲しくなった