無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

いじわる王子とメイド
本当にホッとした。
伶菜も私もみんなの輪に戻ってこれて。
最初に謝ってくれた梨花ちゃんにも感謝してる


.
吉野北人
吉野北人
あなた~
中務あなた
中務あなた
んー?
吉野北人
吉野北人
生徒会明日からだって
中務あなた
中務あなた
うん。ありがとう


私が責められた時。
樹と北人は久しぶりに遅刻してきて何があったのかは知らない。
私も伶菜も話してない。

鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
じゃあ、今日は暇だから一緒に帰ろ~
吉野北人
吉野北人
俺らも帰る?
藤原樹
藤原樹
おう。
中務あなた
中務あなた
久しぶりに4人で帰るね!!


いつもの3人と私で階段をおり、下駄箱に行く。
私の下駄箱から靴を出そうと思ったら、ハラリと何かが落ちた。
拾ってみると、ノートの端をちぎったのか白い紙。
二つ折りされて、開いてみる。





中務あなたちゃんへ

放課後、屋上に来てください
待ってます


名前は書いてなかった
中務あなた
中務あなた
………
藤原樹
藤原樹
どした?
中務あなた
中務あなた
ごめん!!ちょっと用事思い出した!!
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
えぇ~!!
中務あなた
中務あなた
先生に呼ばれてた!
吉野北人
吉野北人
それだったら…行くしかないな
中務あなた
中務あなた
先に行ってていいよ!
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
残念……
藤原樹
藤原樹
しょうがないか。じゃあ行くぞ。
吉野北人
吉野北人
じゃあね。
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
また、あした!!



3人が行ったあと、また紙を見直す。
思いつくのは、あの五人兄弟。

この口調は……涼太かな。
なんて思って、階段をまた登る


先生やクラスメートとすれ違い、挨拶をしながら少しずつ登ってく。
やっと、着いてドアを開ける。
でも、そこに居たのは違う人だった
中務あなた
中務あなた
り…んかちゃん?
池島梨花
池島梨花
やっと来た。


いつものふわふわっとした、雰囲気とか違い、怖い顔をしていた。
梨花ちゃんの他にも、女子が結構いる
中務あなた
中務あなた
どうしたの??
池島梨花
池島梨花
どうしたのじゃないんだけど
中務あなた
中務あなた
……梨花ちゃん?どうしたの。
いつもとのなんか…違う
池島梨花
池島梨花
お前さ…ウザイんだよ
中務あなた
中務あなた
え。
池島梨花
池島梨花
あの5人に近づいて


あの5人……龍友と涼太と亜嵐と隼と玲於。のこと。
池島梨花
池島梨花
あの写真。黒板に貼ったの私だから
中務あなた
中務あなた
なんで!?
池島梨花
池島梨花
玲於様にキスされて?
隼様に手繋がれて??
調子乗ってんじゃねえよ
中務あなた
中務あなた
乗ってないよ!!
池島梨花
池島梨花
うるっさいんだよ!!


梨花ちゃんに頬を叩かれる。
取り巻きの女子達もどんどん近づいてきて、倒れた私に蹴ったりしてくる。


痛かった。
涙がでてきた。





玲於達に出会った時から今まで。
思い出が走馬灯のように頭を巡ってく。







…………助けて。








もう、あの5人に近づかないからさ。






誰か……助けてよ





…………………………………………………


名前変わりました。


りんご飴→ライチ
に変わりました!!

これからも、よろしくお願いします