無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

いじわる王子とご主人様

あれから頑張って数週間


教えて教えられて、あっという間に………定期テストの日

今日もいつも通り、玲於を起こし兄弟を見送って、伶菜と歩いていた
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
あなたー?テスト勉強大丈夫?
中務あなた
中務あなた
うーーん。
……怖い。
中務あなた
中務あなた
隼君に教えてたから…中三の勉強が頭に入ってるし
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
や、そんな!?

伶菜が驚いていると後ろから大きい声が。

それに注意している声も聞こえる、、、?
吉野北人
吉野北人
あなたーーー!!!伶菜ーーー!!!

手をブンブン降っている北人と
藤原樹
藤原樹
おい!声でけぇよ

今日も毒舌、樹がいた
中務あなた
中務あなた
樹!!北人!!
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
あなたも声でかいよ……
吉野北人
吉野北人
ねぇ泣
テスト勉強全然してない
藤原樹
藤原樹
俺が教えるって言ってんのにこいつ。
断りやがった
吉野北人
吉野北人
だってさ!!樹、怖いんだもん!!
中務あなた
中務あなた
それな。マジ、それな
藤原樹
藤原樹
おい
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
じゃあ、今回も赤点だったら2人で勉強教えよっか。夏休み期間
藤原樹
藤原樹
OK。
中務あなた
中務あなた
勘弁してください。伶菜様
吉野北人
吉野北人
怖いって言ってすみませんでした。
樹さん



まぁ、そんな茶番は置いといて←


学校に着くと、直ぐに勉強。

私は今回自信あるよ!!

なんせ、隼君の先生役をやって復習できたんだから!!


先生
教科書、ペンケースからシャーペンと消しゴム出してカバンに入れて、後ろにかけろ


みんな、静かにカバンを後ろにかける。


さぁ。かかってこい!テスト。


先生
まずは理科から。テスト始め!!




………………………………………………


そして、放課後………
吉野北人
吉野北人
はぁ~~~……………
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
北人ー?死んでるのー?
吉野北人
吉野北人
死んでない………
藤原樹
藤原樹
あなたは今回珍しく死んでないんだな
中務あなた
中務あなた
うん!!今回は頑張ったからね!!

そうして、みんながどんよりしている放課後にも関わらず、女子の叫び声が廊下に響いた
??
あなたーーーー!!!!
おーい!中務あなたー?


この声の主が分かり、廊下を飛び出す
中務あなた
中務あなた
隼君!?
小森隼
小森隼
あっ!!いた!あなた!


その瞬間、周りに居た女の子たちがザワザワとなる
女の子
女の子
あの子……誰?
女の子
女の子
隼君に名前呼びされるとかずるっ
中務あなた
中務あなた
ちょ、ちょっと!屋上行こ!伶菜達先に帰ってて!
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
あ、うん!!
吉野北人
吉野北人
樹。あの制服ってことは……
藤原樹
藤原樹
中等部だな
吉野北人
吉野北人
なんで、高等部の所に中等部の人が……?


………………………………………………
中務あなた
中務あなた
隼君!!そんな、大きい声で名前を呼ばないでよ!
小森隼
小森隼
ごめんって!


屋上に向かう階段に座る
中務あなた
中務あなた
…で、どうしたの?
小森隼
小森隼
あれ、なんだっけ、、、
佐野玲於
佐野玲於
テストでしょ。
片寄涼太
片寄涼太
隼。大きい声がここまで聞こえてたよ
数原龍友
数原龍友
絶対、迷惑だろ
白濱亜嵐
白濱亜嵐
俺は面白かったけどね~笑
中務あなた
中務あなた
みんな!!……テストどうだった?
数原龍友
数原龍友
いつも通り
片寄涼太
片寄涼太
まぁ、普通
白濱亜嵐
白濱亜嵐
俺はあんまり……苦笑
小森隼
小森隼
バッチリ!!!
中務あなた
中務あなた
そっか。
佐野玲於
佐野玲於
あなたはどうなの?
中務あなた
中務あなた
私は、結構出来たよ!!
片寄涼太
片寄涼太
おぉ~良かったじゃん!!
白濱亜嵐
白濱亜嵐
まさかの…赤点俺だけの可能性あり…?
小森隼
小森隼
かもね笑


みんなでワイワイしている。



でも、突然あの言葉を思い出した
小森隼
小森隼
俺が赤点ひとつも取らなければ“ご褒美“ちょうだいね
佐野玲於
佐野玲於
俺にも頑張ったらご褒美ちょうだいね……?



私もしかしたら2人に



………“ご褒美“あげないといけません