無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

いじわる王子とメイド
今日は卒業式。


…最後の制服を着る日
中務あなた
中務あなた
じゃあ行ってくるね!
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
行ってきます!!


隼の靴はもうなくて、私と伶菜の靴もここでなくなる。

玄関には残された大学生3人
白濱亜嵐
白濱亜嵐
行ってらっしゃい
数原龍友
数原龍友
気をつけてな~
片寄涼太
片寄涼太
あとから行くから
中務あなた
中務あなた
うん。また後で~


そう言ってドアを開く。

もう、桜の花は満開で通学路を華やかに染めてくれる。


伶菜と私で並んで歩いてるからなのか、玲於も隣にいたのかな…と思ってしまう。


今日は卒業式だから前向きにいこう!!

卒業式は別れの式でもあるけど、1歩進む式でもあるから。




教室についたら、席に一人一人、胸につける花があってつけると一気に卒業式という実感が湧いてきた。

吉野北人
吉野北人
おはよ~!
藤原樹
藤原樹
おはよ…


元気のある北人と逆に元気の無い樹が入ってくる
中務あなた
中務あなた
北人!樹!おはよ~
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
どうしたの?樹が不機嫌だけど…
藤原樹
藤原樹
こいつが寝坊して20分ぐらい外で待たされた
吉野北人
吉野北人
ごめん。ごめん。樹
藤原樹
藤原樹
お前…謝る気ないだろ!!
吉野北人
吉野北人
バレた笑。まぁ今日は卒業式だし許して


寝坊について卒業式関係あるのか疑問だけど。笑


直ぐに先生が来て、整列して体育館に向かう。

体育館に入ると客席にサングラスをかけた2人と帽子を被った1人がいてすぐ気がついた。

そちらも気がついたみたいで手を振ってくれている。

2年生側には隼もいて、普通科とセレブ科が一緒にいるもんだから狭い



お兄ちゃんもいることも気がついて、隣に家庭教師の岩ちゃんがいる。

その隣には大学生のNAOTO先輩もいる。

勢揃いしてて面白い
先生
それではこれから卒業式を…


先生が言ったところで最後の授業が始まった。




卒業式が終わり、一人、家に帰る。
しっかりと皆とお別れてして


なんで1人かって?

まず、隼の所行きました。はい。モテてます。

壱馬とまこっちゃんの所いきます。
見つけたけどどっか行きました。

お兄ちゃんの所いきます。
岩ちゃんとNAOTO先輩とダンスの話題で盛り上がってるし。

大学生3人のところいきます。
女子がキャーキャーしてます。

北人と樹のところ行きます
男子にめっちゃ絡まれてます

伶菜の所いきます。
大学生3人に集まるキャーキャーを止めてた


うん。さびしい!!!


まぁ家帰ったら、メンさんいるから、、

あっという間に帰ってきちゃって、門を開ける。

中務あなた
中務あなた
ただいま
関口メンディー
関口メンディー
お帰りなさいませ。あれ…?皆様は?
中務あなた
中務あなた
ちょっとね。色々
関口メンディー
関口メンディー
まぁ、勘づいてますけど


苦笑して、上に向かうと思ったらメンさんに止められた
関口メンディー
関口メンディー
あなたさん!!…これ


1枚の封筒を渡された
宛名も書いていない
中務あなた
中務あなた
…?
関口メンディー
関口メンディー
部屋でゆっくり見てください
中務あなた
中務あなた
あ、はい


不思議に思いながら、メイド寮に向かう。制服も脱がずに封筒を開ける。



そこには見たことある字が書かれてあった。





中務あなたへ

突然の手紙ごめん。
ずっと書きたかったけど、我慢してて。
卒業式だし、ある日だから君に送りました。

実は卒業式、見てました。
卒業式のあと直ぐに書いてメンさんに渡しました。


久しぶり。
あなた。
佐野玲於…いや、最月玲於です。

突然、アメリカに行ってしまいごめんなさい。
あなたが目を覚ましたのを聞いて安心しました。

俺がアメリカに行ったのは聞いたと思うけどダンスのためです。

お父さんに自由なことをしていいと言われたので、憧れだったアメリカに留学しました。

あなたが目を覚ましたから行きたかったけど、目を覚ましたら行けない気がして。

自分勝手なことしたね。ごめん。

ただ、あと1年。1年待ってください。

1年後の3月13日
君を迎えに行きます。


最月玲於
中務あなた
中務あなた
玲於……


“1年後の3月13日
君を迎えに行きます“

その文章が頭に張り付いて離れない
中務あなた
中務あなた
あと1年で玲於に会える…っ!



君の温もりを感じられるなら
君の笑顔を見られるなら

1年ぐらい余裕で過ごせる。

だから。私。頑張るから




迎えに来て







────────私の王子様