無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

エレベーター
仕事終わり、私は真っ暗の道を歩いていた
そして自分の住んでるマンションについて自分の部屋にエレベーターで向かった
アリス
アリス
(やっぱりこの時間帯は人いないよね)
エレベーターの中には彼女1人だけだった
少しすると8階のボタンが光った
アリス
アリス
(あ、誰か来るのかな)
最初はそう思っていたが少しして…
アリス
アリス
すぐに降りなきゃ!
彼女は8階のボタンが光ったあとすぐにエレベーターをおりたらしい