無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

巨大迷路
巨大迷路というものが作られました
ですが試しに経営者が入ったらその後行方不明者となり
入ったら出られないという噂がたつようになりました
そんなある日
たなか
たなか
巨大迷路クリアしてYouTubeに動画乗っけて金稼いでやるぞ!
たなかと言う男子高校生が金を稼ぐために巨大迷路をやりました
たなか
たなか
入ったら出れないとか噂たってるけどそのうち出れるだろ!
カメラの充電は満タンだし
必要最低限の食料品があるからどうにかなる!
迷った時ように印も付けよ!
って言ってもペンないし
なんか置いとくか
そういいたなかは印を置きながら歩いていきました
3時間後…
たなか
たなか
これほんとに出口あんのか…?
カメラの充電もとっくに終わったし…
もう動画とかどうでもいいからここから出たい
右側たどってけばそのうちつくだろ…
たなかは右側を辿り歩き続けました
そして…
たなか
たなか
あ!出口か?!
たなか
たなか
ここ入口じゃん…
この時たなかは恐ろしいことを2個考えてしまいました
主
恐ろしいこととはなんでしょうか…