無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

第6話
マサイside
トミックさんの家でぺけが処置をされている。
カンタは相当自分を責めていた。
それに大切な相方も失ってしまったから彼の心はボロボロだった。だけど何とか立ち直ってくれた。あとはぺけの無事を祈るのみ。
マサイ
マサイ
ぺけ……
ガチャ ||.c( ゚ω゚`|
シルク
シルク
トミックさん!ぺけは?!
トミック
トミック
一命を取り留めたからもう大丈夫
カンタ
カンタ
よかった……
トミック
トミック
宝石にも以上はないよ
ンダホ
ンダホ
今ぺけは?!
トミック
トミック
眠っているよ……
いつ目を覚ますかは分からないけど
命に別状はないよ
それを聞いて俺は安心した。本当によかった……
トミック
トミック
しばらくぺけたんはうちで預かるよ。
しばゆーいい?
しばゆー
しばゆー
もちろん!
ヒカキン
ヒカキン
そうだね!ここなら襲われる心配もないから
俺たちはぺけの様子を見に行った。
ぺけは眠っていた。
カンタがぺけに寄り添い言った
カンタ
カンタ
ぺけ…ごめんね…
俺を守ってくれてありがとう…
俺はふとシーラと戦った時のことを思い出した。あの戦いでぺけはすごく成長した。
「もう守られてばかりの俺じゃない!!」
ぺけはそう言ってたっけ………
本当に成長したな………
モトキ
モトキ
よかった本当に
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
うん…
ダーマ
ダーマ
しかし…ないとーさんの次はよっちか…
ザカオ
ザカオ
以外とよっちは強かったね
マサイ
マサイ
ああ、早い上に誰かに変装するからな
シルク
シルク
変装は何とか見破れるとして
奴のすばやさがぺけと同等だからな…
ヒカキン
ヒカキン
トミックさん、シルク達を調整できる?
ンダホ
ンダホ
調整?
トミック
トミック
多分出来ると思います。
調整は簡単に言えば能力強化みたいな感じかな?さっきぺけたんを治療中に彼も少し調整したからね。
俺は戦える能力なんて無いけど、こんなことならできるよ
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
トミックさんにそんな力が
しばゆー
しばゆー
初めて知った……
トミック
トミック
ちょっと試しにマサイ宝石を出してくれるかな?
マサイ
マサイ
はい
俺は自分の宝石を出した。
トミック
トミック
じゃ宝石にそっと触れるね…
最初はちょっとびっくりするかもしれないけど時期になれるから…
そう言ってトミックさんは俺の宝石にそっと触れた。
マサイ
マサイ
……?!!
本当に触れた瞬間俺の宝石が強く輝き始めた!
それだけじゃない体の底から熱くなっていく…
モトキ
モトキ
これは……
トミックさんは宝石から手を離した。
トミック
トミック
どう?ちょっと体に違和感があると思うけどすぐになれるよ。今、マサイの能力を少し引き上げたから、今までの攻撃より強い威力が出ると思うよ。
マサイ
マサイ
確かに今までと少し違う。
こう体の底から熱くなってる
ヒカキン
ヒカキン
多分これからは敵も強くなるからね
そのためにシルク達も調整しておきな?
シルク
シルク
はい
しばゆー
しばゆー
俺もてつや達に教えます。
ヒカキン
ヒカキン
うん、その方がいいね
全員トミックさんの調整を受けた。
カンタ
カンタ
すごい……今までとなんか違う
ダーマ
ダーマ
まだちょっと違和感があるけど
ザカオ
ザカオ
マサイと同じく体の底から熱くなっていく
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
これが調整の力……
ンダホ
ンダホ
これで少しは対等に戦えるかな
モトキ
モトキ
次に現れた時に試してみるしかないね
シルク
シルク
そうだな!
ヒカキン
ヒカキン
うん、僕もできるだけ敵の情報集めてみる
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
僕達も手伝います!親分
カンタ
カンタ
俺、決めた!トミーの仇絶対に打つ!
そして絶対に取り戻してやる!
しばゆー
しばゆー
それでこそカンタだ!
よかった…カンタが立ち直れて……
ぺけ…お前が目覚めるまで、俺たちも頑張るからな!
シルク
シルク
トミックさん!ぺけをお願いします!
トミック
トミック
うん!任せて!もしもまたなんかあったら遠慮なくここに来てね!
モトキ
モトキ
はい、ありがとうございます!
そして俺たちはトミックさんの家を出た。
カンタ
カンタ
みんな、ありがとう…
ンダホ
ンダホ
いいよ!
俺たちは気配がして来ただけだから
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
カンタ俺が水溜まりハウスまで送るよ
カンタ
カンタ
そんないいですよ!
ヒカキン
ヒカキン
カンタ、ここは遠慮せずに甘えたら?
シルク
シルク
そうだぞ!
今は甘えとけ
カンタ
カンタ
ではお言葉に甘えて
そう言ってカンタとはじめさんは帰っていった
ヒカキン
ヒカキン
それじゃ、僕もこれで!
君たちも気をつけてね
マサイ
マサイ
ありがとうございます
ヒカキンさん
ヒカキンさんも帰っていった。
シルク
シルク
次に奴が現れたらとっ捕まえてやる!
ダーマ
ダーマ
その時は俺が尋問してやる
モトキ
モトキ
いや、ダーマの場合拷問でしょ!
ンダホ
ンダホ
さすがに拷問はやめてね?
マサイ
マサイ
真実を吐く前に死人が出るぞ…
ザカオ
ザカオ
せめて尋問にしてよ?
ダーマ
ダーマ
わかってるって!
そんな話をしながら、俺たちはその場を去った。俺はぺけが早く目覚めることを祈るのだった………



























































???side
ここはある空間、そこにはボスと一人の女と一人の男、そしてよっちが居る。
???
???
おつかれー!
よっち!ないとーさんは無事に始末できたみたいだね!
よっち
よっち
ああ、何とかな
ただそこにはフィッシャーズとはじめしゃちょー、カンタがいたよ……
???
???
へぇ〜結構大物じゃん!
よっち
よっち
まぁ、予想どうりそう簡単には行かなかったが…1人は動けなくしてやったぜ!
よっちはそう言うと奪ってきた宝石をボスに差し出した。
よっち
よっち
こちら水溜まりボンドのトミーの宝石です。
「ご苦労、さて、それでもまだ厄介な奴がいるな……」
???
???
フィッシャーズ、東海オンエア、ヒカキンさん、セイキンさん……
???
???
水溜まりボンドのカンタにきょんちゃん
そうか、としみつはまだ無事なんだな……
よかった……でもいつ狙われてもおかしくない…
「次に狙うのは君たちの判断でいいよ?」
よっち
よっち
はい!
そう言ってボスはその場を去った
???
???
そういえばよっち、「ひとり動けなくしてやったぜ!」って言ってたけどそれは誰だ?
よっち
よっち
ふふ、本当はカンタを狙ってたんだけど
フィッシャーズのぺけたんがそれを邪魔してねーそれで彼が今は動けないのさ。
???
???
フィッシャーズのひとりをやったんだ!
よっち
よっち
次は━━━━辺りかな?
???
???
きょんちゃんも狙ってもいいけどねー!
千里眼で居場所特定されてもあれだし
???
???
東海もやっておきたいね
???
???
じゃあ、きょんちゃん達は私とよっちで行くよ!
???
???
んじゃ俺はまだ出ないから
東海はお前に頼むわ
そう言って男は俺を見る。
???
???
そうだね!
よっち
よっち
賛成だ
みんな一斉に俺に視線を向ける。
???
???
それじゃ、頼んだぜ!
財部さん………
財部亮治
財部亮治
ああ、わかった
東海オンエアは俺が行くことになった。
みんなやつに操られているけど、俺はまだ大丈夫だ、まだ自分の意識がある。
この状況を早くとしみつに知らせなければ……!
俺は腕輪を見てそう決意した。
俺はもう誰も消えて欲しくない!
・.━━━━━━━━━━━━†━━━━━━━━━━━
星月(作者)
星月(作者)
第6話はここまでです(*`・ω・*)ゞ
モトキ
モトキ
ぺけ早く目を覚まして……
ザカオ
ザカオ
そして財部さん…彼は一体?
ダーマ
ダーマ
それでは次回までバイバイ👋
トミック
トミック
バイバイ👋