無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

第52話
てつやside
俺達は時計塔の中心に結界を貼っているが
てつや
てつや
みんな!まだ無事か!?
しばゆー
しばゆー
こっちは何とか
ゆめまる
ゆめまる
似しても闇が強くなってきているぞ!
としみつ
としみつ
……っ!う……
りょう
りょう
としみつ大丈夫!?
としみつ
としみつ
ああ、何とか……
みんなどんどん体力が減ってきている。
虫眼鏡
虫眼鏡
みんな!何とか耐えて!
その時だった
ピキっ!
しばゆー
しばゆー
……!結界にヒビが!!
ゆめまる
ゆめまる
まずい!ここで壊れたら!
てつや
てつや
みんな!もっと集中して
としみつ
としみつ
………っ!!
りょう
りょう
としみつ、頑張って!
虫眼鏡
虫眼鏡
これは…ちょっときついかも……
てつや
てつや
虫さん!
ピキ!ピキピキ!
ヒビが大きくなっていく。
としみつ
としみつ
もう……ダメ……
りょう
りょう
としみつ!
虫眼鏡
虫眼鏡
ごめん……みんな……
しばゆー
しばゆー
虫さん!
ゆめまる
ゆめまる
うぉぉぉ!何とか耐えてくれー!
ヒビが大きくなっていく…みんなの体力も減ってきている…このままじゃ……
てつや
てつや
くっそー!!
パリーン!
その時遂に結界が割れて闇が勢いよく溢れ出した……






















マサイside
シルク達を先に行かせた俺達はナイトメアを相手に戦っていた。
ナイトメア
ナイトメア
ヴヴヴ……
モトキ
モトキ
こいつら倒しても倒してもキリがない!
ザカオ
ザカオ
どんだけいんだよ!
ンダホ
ンダホ
あまりにも多すぎる!
ダーマ
ダーマ
このままじゃ俺たちの方が持たねぇ!
ぺけたん
ぺけたん
でもやるしかない!
マサイ
マサイ
せめて足止めぐらいは……
(`・ω・´)▅=┻┳=━💥
その時、突然ナイトメアの動きが止まった
モトキ
モトキ
……?止まった?
するとナイトメア達はドロドロに溶けていき、跡形もなく消えた。
ダーマ
ダーマ
消えた?
ザカオ
ザカオ
どういうことだ?
ンダホ
ンダホ
何か嫌な予感が……
突然時計塔が揺れ始めた。
ぺけたん
ぺけたん
何?!
マサイ
マサイ
地震か!?いやなんか違う……!
ザカオ
ザカオ
……!下からなにか来る!
その声と共に下からすごい力の波動が俺たちを襲った
全員「ああああああああぁぁぁ!!」



























シルクside
メナードを倒し、最上階へ行こうとした時だった。
ヴィクター
ヴィクター
……!なにか来る!
シルク
シルク
さっきの揺れと関係あるのか!?
シーラ
シーラ
クリスタル・ウォール!
シーラは水晶で俺たちを包み時計塔の外へ出た。次の瞬間時計塔から力の波動が下から貫き時計塔は崩壊した。
シルク
シルク
マサイ、モトキ、だほ、
ぺけ、ダーマ、ザカオ!
中にはまだみんなが!
シーラ
シーラ
大丈夫だ!あいつらならあそこだ!
シーラが指さしたところを見ると同じようにみんな外に出ていたがみんな気を失っている
シルク
シルク
みんな!
みんなは近くの建物の屋上にいた。
そしてその近くには……
ヴィクター
ヴィクター
……破滅の魔女
破滅の魔女
破滅の魔女
んふふふ……もっと力を……
魂を……!
魔女は手をみんなに向け上にあげた。
そしてみんなから光が現れ、魔女に吸収されてしまった。
シルク
シルク
みんな!!
俺達はマサイたちの元へ向かった。
シルク
シルク
マサイ!マサイ!!
呼びかけても反応はない、
それどころかみんな息をしていない……
シルク
シルク
嘘だ……そんな!!
シーラ
シーラ
魂を抜き取られてる……!
ヴィクター
ヴィクター
あいつ……なんてことを……!
シルク
シルク
マサイ!モトキ!だほ!
ぺけ!ダーマ!ザカオ!
破滅の魔女
破滅の魔女
あっはは!これだけあれば!
魔女は力を解放し、姿が変わろうとしている
破滅の魔女
破滅の魔女
そうだ……これだ……
これで……!
シルク
シルク
あいつが……ウィルを…みんなを……!
静かな怒りが俺を襲う……許さない……
そう思った時だった突然魔女が苦しみ始めた。
破滅の魔女
破滅の魔女
グッ!があああ!また…お前か…!?
諦めろ!お前に希望などない!
シーラ
シーラ
誰と話しているんだ?
ヴィクター
ヴィクター
まさかウィルか?
シルク
シルク
……!ウィル……
見ると魔女のそばには光がありその光はウィルだった。
ウィル
ウィル
させない……お前の魂は出させやしない!まだこの体は僕のものだ!お前なんか出してたまるか!
破滅の魔女
破滅の魔女
小癪なガキ……
魔女はウィルの腕を掴んだ
ウィル
ウィル
……!
破滅の魔女
破滅の魔女
お前はもう用済みだ!消えろ!
魔女はウィルを引きちぎり、ウィルは光の粒となってしまった。
ヴィクター
ヴィクター
ウィル!!
破滅の魔女
破滅の魔女
吸収した魂さえ取り込んでしまえばこの世界など……!























ウィルside
[魔女の中]
魔女に引き裂かれ暗い場所に来た。前を見ると光があった。近ずいてみると6つの光がある
ウィル
ウィル
まさか、マサイさん達の魂…!
僕は急いで光を強く抱き抱えた
ウィル
ウィル
絶対に守ってみせる。
するとどこからか声が聞こえた。魔女の声だ
破滅の魔女
破滅の魔女
その光を渡せ!お前なんぞなんの力もないただのガキだ!
また引き裂かれる!
絶対に渡さない!
ウィル
ウィル
嫌だ!マサイさん達をこのまま死なせる訳には行かない!
破滅の魔女
破滅の魔女
世界が破滅すれば意味などない!
強くなっていく。でも耐えなきゃ
ウィル
ウィル
……っ!!
その時だった、僕の中に暖かい光が指した。
ウィル
ウィル
………
不思議…今までこんなこと無かったはずなのにずっと僕の中にあったみたい。
「目覚めよ……」
ウィル
ウィル
え……?
「目覚めよ……真の再生の力と共に…」
ウィル
ウィル
誰なの……?
「お前の大切な人を守るために今、目覚めなさい!」
ウィル
ウィル
………っ!
僕は暖かい光に包まれた。


























シルクside
シルク
シルク
ウィル……!
破滅の魔女
破滅の魔女
これで邪魔者は無くなった!
あとは魂さえ取り込んでしまえば…
また魔女が苦しんだ
破滅の魔女
破滅の魔女
まだ邪魔をするか!小癪なガキ!!
その光を渡せ!!
ヴィクター
ヴィクター
まだウィルはいる!
魔女は自分の体に爪を指した
破滅の魔女
破滅の魔女
お前なんぞなんの力もないただのガキだ!
シーラ
シーラ
そんな事ない!
シルク
シルク
ウィルは誰よりも強いやつだ!
破滅の魔女
破滅の魔女
グッあああ!
すると魔女の体から大きな光が出てきたその光は俺たちに向かい、光からみんなの魂が出てきた魂は元に戻る。
マサイ
マサイ
う……うう…
シルク
シルク
マサイ!みんな!
ぺけたん
ぺけたん
ここは……?
モトキ
モトキ
俺たち確か波動に巻き込まれて……
ンダホ
ンダホ
それで気を失って…
ダーマ
ダーマ
どうなってんだ?
ザカオ
ザカオ
シルク!
シルク
シルク
よかった……みんな…
そして声が聞こえた。
「シルクさん…皆さん……」
全員「!!」
ヴィクター
ヴィクター
ウィル……
ウィル
ウィル
よかった……みんな戻って……
光に包まれたウィルがそこにいた。
マサイ
マサイ
ウィル…そうかお前が俺たちを……
シルク
シルク
ウィル、ありがとう!
ウィル
ウィル
みんなを守れてよかった……
破滅の魔女
破滅の魔女
魂ごと出ていったか……
でもまぁいい、これで解放できる……
魔女の体は背中が裂け姿が変わろうとしている。
ウィル
ウィル
グッぅゥ!
シーラ
シーラ
ウィル!
モトキ
モトキ
このままじゃウィルの体が!
ウィル
ウィル
シルクさん……たくさんの人と合わせてくれてありがとう……
シルク
シルク
ウィル!お前!
ウィル
ウィル
兄さん……僕を拾ってくれてありがとう…幸せだったよ……
ヴィクター
ヴィクター
ウィル!!
ウィル
ウィル
皆さん……ありがとう……世界を守って……
そう言ってウィルは消えてしまった。
シルク
シルク
ウィルー!!
モトキ
モトキ
そんな……
ぺけたん
ぺけたん
………っ!
ダーマ
ダーマ
あいつは最後まで俺たちを……
ンダホ
ンダホ
だったらやらなきゃ…
ザカオ
ザカオ
彼の思い……無駄にはさせない
マサイ
マサイ
ああ!やろう、絶対に!
破滅の魔女
破滅の魔女
これで!この世界は!
魔女の姿が変わっていく、まるで魂を外に出すかのように…
破滅の魔女(解放)
破滅の魔女(解放)
これが完全なる我の力!
解放した我に恐れるものなどない!
ヴィクター
ヴィクター
あれが完全なる姿…
破滅の魔女(解放)
破滅の魔女(解放)
さぁ、破滅の力よ!この世界を闇へとかえ破滅の道へ!
モトキ
モトキ
…!そういえばてつや達は!?
ぺけたん
ぺけたん
結界が無くなってる
ザカオ
ザカオ
まさか!
ダーマ
ダーマ
闇に飲まれたのか!?
東海のみんなまで……てつや無事でいてくれ!
その時だった、魔女に炎の弾が放たれた。
破滅の魔女(解放)
破滅の魔女(解放)
誰だ!
「ふぅーあん時はやばかったぜ」
「間一髪だったよね笑」
シルク
シルク
その声まさか!?
てつや
てつや
闇を照らす暖かな太陽…
その能力を持つものてつや!
りょう
りょう
凍てつく氷の能力を持つものりょう!
としみつ
としみつ
姿をくらます霞の蜃気楼…その能力を持つものとしみつ!
しばゆー
しばゆー
闇を打つ雷の能力を持つものしばゆー!
ゆめまる
ゆめまる
真実を映す鏡…その能力を持つものゆめまる!
虫眼鏡
虫眼鏡
揺るがす大地の能力を持つもの虫眼鏡!
東海オンエア
東海オンエア
東海オンエアここに参上!!
シルク
シルク
東海のみんな!
・.━━━━━━━━━━━━†━━━━━━━━━━━
星月(作者)
星月(作者)
第52話はここまでです(*`・ω・*)ゞ
てつや
てつや
東海オンエアが無事に参上!
りょう
りょう
一応ラスボスの前なんだよな〜
ダーマ
ダーマ
変な登場の仕方しやがって…
虫眼鏡
虫眼鏡
やれやれ(´-ω-)
ンダホ
ンダホ
やばい…話から逸れる…
ゆめまる
ゆめまる
というわけで次回は
遂に現れた真の魔女の姿!
モトキ
モトキ
東海メンバーはどうして無事だったのか!?
ぺけたん
ぺけたん
そして世界を救えるのか!?
マサイ
マサイ
それでは次回までバイバイ👋