無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

第8話
シルクside
ルイズ
ルイズ
あーそうそう、いいもの見せてあげる
そう言ってルイズはふたつの宝石を俺たちにみせた。それを見た瞬間ぺけの顔が歪んだ。
ぺけたん
ぺけたん
どうしてお前がそれを!?
ルイズ
ルイズ
びっくりしたー?
マサイ
マサイ
ぺけ?
ぺけたん
ぺけたん
それはカイトとかなでの宝石だ!
なぜお前がそれを持ってる!?
ザカオ
ザカオ
なんだって?!
モトキ
モトキ
でもあのふたりはもう……!
ルイズ
ルイズ
死んでも心は残っているんだよ?
あの時君が化け物にならなかったのは彼らが君を導いたからだよ。
そうか、あの時2人がいなかったらぺけは……
そうだ、あのふたりはもうこの世に居ない、なのにどうして宝石が?
ルイズ
ルイズ
君が達が初めて結晶を壊したあと、君たちを見送った2人の宝石を頂いたんだ
これ以上邪魔されないようにね
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
なんだって?!
ぺけたん
ぺけたん
……して…
ルイズ
ルイズ
ん?
ぺけたん
ぺけたん
返して!その宝石はふたりのだ!
それに他のみんなの宝石も返して!!
ぺけは震える声でそう言ってルイズに向かう
ルイズ
ルイズ
ふふ、それはできないよ!
これは俺の目的のために必要なものだから。君に構ってる暇はないよ!!
ルイズは後ろの鎖でぺけを打ち払いぺけはその鎖に飛ばされた。
バチーン!
ぺけたん
ぺけたん
があぁ!
マサイ
マサイ
ぺけ!!
しばゆー
しばゆー
ぺけたん!
マサイとしばゆーがぺけに駆け寄る
ダーマ
ダーマ
てめぇ…ぺけに何しやがる!
シルク
シルク
それにお前の目的はなんだ?!
きょん
きょん
皆さん気をつけて!
そいつは只者じゃありません!
ルイズ
ルイズ
あの時、君たちは今までにない力を出していた…俺はそれを見ていたよ。すごい力だった。
ンダホ
ンダホ
まさかあの時から俺たちのことを見ていたのか?!
ルイズ
ルイズ
そう、キース達を倒した時は本当にびっくりしたよ
モトキ
モトキ
結局何が目的!?
ルイズ
ルイズ
全ての能力を奪うことさ!
だから宝石を奪っている。
もちろん君達のもね!
きょん
きょん
そんな理由で……くまとえいじを!!
ザカオ
ザカオ
きょんくん!ダメ!俺から離れないで!
ルイズ
ルイズ
でも、今回は挨拶に来ただけだから
また会おう!
シルク
シルク
待て!!
ルイズはその場を去った
マサイ
マサイ
ぺけ!大丈夫か?!
ぺけたん
ぺけたん
……くっ……
しばゆー
しばゆー
ぺけたん背中から血が!
見るとぺけの背中の傷が開いたのか赤く染っている
ダーマ
ダーマ
待ってろ!
これくらいなら回復できるから
ザカオ
ザカオ
きょんくんは大丈夫?
きょん
きょん
はい、少しずつですが見えてきました。
たなっち
たなっち
無理はしないでくださいね?
きょん
きょん
ありがとうございます
突如現れたルイズ、奴は一体…
何としてでも奴を倒して、宝石を奪われた人たちを取り戻してやる!
ンダホ
ンダホ
ぺけ大丈夫?
とりあえずトミックさんの所へ行こう?
ぺけたん
ぺけたん
うん、ありがとう
そうして俺たちはトミックさんの家に来た。
トミック
トミック
おかえり、大丈夫だった?
ぺけたん
ぺけたん
はい、でも少し油断しちゃいました
トミック
トミック
ちょっと傷が開いたのか……
でもダーマが回復してくれたから大丈夫!
シルク
シルク
トミックさん、ありがとうございます
トミック
トミック
いいよいいよ!俺はこんなことしか出来ないからね。
するとトミックさんはきょんちゃんを見て言った。
トミック
トミック
きょんちゃんも大分無理したんだね
目は大丈夫かい?
きょん
きょん
はい、少しずつ見えてきました
トミック
トミック
そっか、だけどあまり無茶しちゃダメだよ?
きょん
きょん
はい
そして俺たちはあったことをトミックさんに伝えた。
トミック
トミック
なるほど…ついにボスが動いたのか。
それでよっちが………
わかった、このことは俺がヒカキンさんとセイキンさんに伝えるよ
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
ありがとうございます
俺たちはトミックさんにそのことを話して家に帰っていった。




































としみつside
トミーが宝石を奪われた。
カンタは心がボロボロだったらしいが何とか立ち直ってくれたらしい。そしてよっちが現れたとか。
としみつ
としみつ
……
俺は今ひとりでも街を散歩していた、もしかしたらラベさんやジェニーも宝石を奪われたのかそれとも………
そんなことを考えているとある気配がした
としみつ
としみつ
━━━(; ・`д・´)ハッ!
そこはとあるライブハウスだった。
としみつ
としみつ
とにかくてつや達に連絡しておこう。
てつや達に連絡して俺はその結界に入って行った。
その結界はどこか懐かしかった。
としみつ
としみつ
ここは………
その時だった
「としみつ……」
としみつ
としみつ
!誰!?
声の主がそこで現れる。その人は間違いない!
としみつ
としみつ
らべさん……!
財部亮治
財部亮治
久しぶりだなとしみつ
らべさんの腕には腕輪が着いている。
ということはらべさんは敵だ………
としみつ
としみつ
……………
財部亮治
財部亮治
……………
俺は鎖鎌をらべさんは鞭を構えた。
としみつ
としみつ
らべさん目を覚ませ!
俺はらべさんに突っ込んで行く。らべさんはそれに反応し俺の攻撃を受け流す。そしてらべさんも負けず鞭を振る。
としみつ
としみつ
らべさん!!
攻防が激しくなったその時だった。テレパシーで話しかけてきた。
財部亮治
財部亮治
(としみつ、聞いてくれ!
俺はないとーさんやよっちみたいに完全に操られてはいない。)
としみつ
としみつ
(!?)
財部亮治
財部亮治
(としみつがまだ宝石を奪われてなくて本当に良かった。だけどいつお前らが狙われるか分からない!信じて貰えないかもしれないが、今知ってる情報を教える!)
としみつ
としみつ
(らべさんは味方なのか?でもどうして?)
財部亮治
財部亮治
(それは分からない。だけどこの光景を奴はどこかで見ている。だから闘う振りをしてくれ!そしてそれをメンバーやフィッシャーズに伝えてくれ!)
としみつ
としみつ
(わかった!)
俺は戦いながららべさんの話を聞いた。
ボスはルイズという名前

奴は能力を自分のものにするために宝石を狙っている

腕輪を付けられた奴は宝石を奪われてからつけられている。

そこにはジェニーもいる。

今よっちとジェニーできょんちゃんを狙っている

アジトはどこか分からない空間の中にあること
財部亮治
財部亮治
(俺が教えられるのはここまでだ。そろそろてつや達が来る、さっき言ったことを伝えてくれ!)
としみつ
としみつ
(わかった!だけどらべさんは?)
財部亮治
財部亮治
(俺はこの腕輪がある限り、お前らの傍にはいられない。そしてこの腕輪が壊れればおれは消える。だから間接的にしか助けられない。)
としみつ
としみつ
(そうか、らべさん気をつけて!)
財部亮治
財部亮治
(ああ、としみつ俺に攻撃してくれ!
俺がそれを受けて撤退する!)
としみつ
としみつ
(わかった!)
らべさん!目を覚ませ!!
霧雨パラノイア!!
俺はらべさんの言うとうり攻撃してダメージを負わせた。
財部亮治
財部亮治
……くっ!まさかこれ程とは
今回はこれくらいにしょう
ただ次は容赦しない!!
(としみつ、後は頼んだ)
らべさんはそう言うと去って行った。
結界もものとライブハウスに戻っていた。
そこに、てつやたちが来た。
てつや
てつや
としみつ!
虫眼鏡
虫眼鏡
大丈夫?何も無い?!
としみつ
としみつ
みんな…
ゆめまる
ゆめまる
一体何があったでごわす!?
としみつ
としみつ
とりあえずスタジオに集まってくれ
わかったことがある。
りょう
りょう
?わかった
俺達はスタジオに戻った。俺はあったことを全て話した。
としみつ
としみつ
あそこでらべさんが現れた。
てつや
てつや
らべさん?!
としみつ
としみつ
だけどらべさんは完全に操られていなかった。これはらべさんから聞いた事だ。
俺はらべさんが言ったことを全部話した。
虫眼鏡
虫眼鏡
なるほど、そこまで教えるってことは本当に完全に操られていないんだね。
としみつ
としみつ
ああ、らべさんは間接的にしか出来ないらしい。
ゆめまる
ゆめまる
とりあえずこれをまとめたから、シルク達にも教えるでごわす!
りょう
りょう
そうだね!
その時、LINEの通知がなった。
しばゆーからだった
てつや
てつや
しばゆーからだ!
しばゆーLINE「みんな、よっちが消えた!そしてボスが現れた!!」
全員「?!」
としみつ
としみつ
ルイズが現れた?!
りょう
りょう
これは1度みんなで集まった方がいいかもしれない!
虫眼鏡
虫眼鏡
そうだね!
1度集まって情報を共有しよう!
てつや
てつや
わかった!みんなに伝える!
こうして明日、みんなで集まる事になった。

・.━━━━━━━━━━━━†━━━━━━━━━━━
星月(作者)
星月(作者)
第8話はここまでです(*`・ω・*)ゞ
りょう
りょう
次回!情報共有のために集まる。
としみつ
としみつ
そこで明かされることとは?
てつや
てつや
それでは次回までバイバイ👋
虫眼鏡
虫眼鏡
バイバイ👋
ゆめまる
ゆめまる
バイバイ👋